Books

ストーリー

ロバート・マッキーが教える物語の基本と原則

btn_buy


物語創作のバイブル誕生!
ハリウッド関係者が全員読んでいる、ストーリーテリングの必読書。
10万人が熱狂した伝説的シナリオ教室の講師が、あなたの創作人生を変える!

ストーリーテリングの分野で世界的に最も影響力のあるロバート・マッキーのあの最重要著作『Story(原題)』が新訳でついに刊行! 

「すぐれたストーリーはすぐれた映画になる可能性があるが、ひどいストーリーからはひどい映画がほぼまちがいなく生まれる。」

本書で論じるのは、

原則であって、ルールではない。
永遠に変わらない普遍的な型であって、公式ではない。
元型(アーキタイプ)であって、紋切り型ではない。
綿密さであって、近道ではない。
現実であって、執筆にまつわる種明かしではない。
技術の習得であって、市場の予測ではない。
観客へのリスペクトであって、侮蔑ではない。

そして、独創性であって、模倣ではない!

もはや伝説となっているロバート・マッキーのセミナーの内容が一冊に。

脚本家だけでなく、小説家、ジャーナリスト、ノンフィクション作家、あらゆるタイプのストーリーテリングについて新たな視点を提示する至上の一冊!



【先行販売のお知らせ】
以下の店舗で本書の先行販売を行っております。
紀伊國屋書店 新宿本店(東京)
ジュンク堂書店 池袋本店(東京)
ブックファースト 新宿店(東京)
丸善 京都本店(京都)
CAVA BOOKS(京都)
紀伊國屋書店 梅田本店(大阪)
MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店(大阪)
ジュンク堂書店 福岡店(福岡)

【読者モニター募集】
本書をお読みいただき感想をお寄せいただける読者を募集いたします。
詳細はこちらより
※終了しました。

【ためし読み】
本書のイントロダクションを全文公開いたしました。
こちらより


ロバート・マッキーは30年間世界中を飛び回り、脚本家、小説家、劇作家、詩人、ドキュメンタリー作家、プロデューサー、演出家を育成してきました。受講生の数は100,000人以上にのぼり、その中には数多くのアカデミー賞・エミー賞受賞者がいます。

【ロバート・マッキーのセミナー受講生の受賞歴】
アカデミー賞受賞者数 60人 (ノミネート200人)
エミー賞受賞者数 200人 (ノミネート1,000人)
全米監督協会賞(DGA)受賞者数 50人 (ノミネート100人)
米・脚本家組合賞(WGA)受賞者数 100人 (ノミネート250人)

ロバート・マッキーの門下生の中にはピーター・ジャクソン(『ロード・オブ・ザ・リング』3部作や『ホビット』の監督・脚本)など大きな成功を手にした監督もいます。また、ピクサーの脚本チーム(『トイ・ストーリー』や『ファインディング・ニモ』など)のように、ハリウッドの脚本家にとってマッキーの脚本講座は脚本家になるための登竜門になっています。

この伝説的なセミナーの内容を一冊に凝縮したのが、本書『ストーリー ロバート・マッキーが教える物語の基本と原則』です。
本書では、脚本家が学ばなければならないストーリーの普遍的な「型」を解説するとともに、キャラクター造形の方法、または物語に必須の「事件」の描き方とその設定の仕方を徹底的に掘り下げます。
特に、目から鱗が落ちるように感じるのは、これまで、ストーリーとキャラクターは別のものであるかのように扱われていたのに対し、マッキーが「ストーリーの構造とはキャラクターのことであり、キャラクターとはストーリーの構造のことである」と強く主張する点にあるでしょう。本書は、物語の「内容」にふさわしい「形式」を、ストーリーを創作する上で実際にどのように与えるかということを詳説しています。

「本書は、六つの大陸の観客を沸かせ、繰り返し上映・上演されて何十年も生きつづける作品を生み出すことをめざしている。ハリウッドの残り物をあたためなおす方法を記したレシピ本など、もうだれも求めていない。必要なのは、われわれの芸術の根底にある理論、才能を解き放つ指針となる原則を再発見することだ。」
(本書より抜粋)

ストーリーに必要な型を学ぶことによって、真のオリジナリティを引き出す、大人気の白熱講義。
物語創作の世界的権威、ロバート・マッキーの最重要著作『ストーリー ロバート・マッキーが教える物語の基本と原則』がついに新訳で刊行!

つまり最も重要なのはストーリーの才能で、文才は不可欠ではあるが二番目だ。これは映画やテレビの絶対原則であり、劇作家や小説家は認めたがらないだろうが、演劇や小説もしかりである。ストーリーの才能は稀有のものだが、あなたにもその片鱗はあるはずだ。そうでなければ、書きたいなどと思うはずがない。ならば、そこからありったけの創造力を絞り出して書くことだ。ストーリーテリングの技巧についての知識を総動員しなければ、ストーリーを作ることはできない。技巧をともなわない才能は、エンジンのない燃料と同じだからだ。いくら激しく燃えても、そこからは何も生まれない。
(本書「第1部 脚本家とストーリーの技術」より抜粋)

目次

目次

謝辞
本書の概要

第1部 脚本家とストーリーの技術
イントロダクション
1 ストーリーの問題

第2部 ストーリーの諸要素
2 構成の概略
3 構成と設定
4 構成とジャンル
5 構成と登場人物
6 構成と意味

第3部 ストーリー設計の原則
7 ストーリーの本質
8 契機事件
9 幕の設計
10 シーンの設計
11 シーンの分析
12 編成
13 重大局面、クライマックス、解決

第4部 脚本の執筆
14 敵対する力の原則
15 明瞭化
16 問題と解決策
17 登場人物
18 ことばの選択
19 脚本家の創作術
フェードアウト

推薦図書
フィルモグラフィー
解説
訳者あとがき

PROFILE

【著者プロフィール】
ロバート・マッキー(Robert McKee)

1941年生まれ。世界で最も名高く、信頼されているシナリオ講師。全米のみならず、世界各地でセミナーを開催している。これまで30年以上にわたって、数々の脚本家、小説家、劇作家、詩人、ドキュメンタリー作家、プロデューサー、演出家などを育成してきた。マッキーの指導を受けたなかからは、アカデミー賞受賞者が60人以上、アカデミー賞候補が200人以上、エミー賞受賞者が200人以上、エミー賞候補が1,000人以上、全米脚本家組合賞受賞者が100人以上、全米監督組合賞受賞者が50人以上生まれている。

【訳者プロフィール】
越前敏弥(えちぜん・としや)

1961年生まれ。文芸翻訳者。東京大学文学部国文科卒。学生時代には映像論やシナリオ技法なども学び、卒論テーマは「昭和50年代の市川崑」。おもな訳書『ダ・ヴィンチ・コード』『Xの悲劇』『思い出のマーニー』(以上、KADOKAWA)、『解錠師』『生か、死か』(以上、早川書房)、『夜の真義を』(文藝春秋)、『おやすみ、リリー』(ハーパーコリンズ・ジャパン)、『世界文学大図鑑』(三省堂)など。著書『翻訳百景』(KADOKAWA)、『越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文』(ディスカヴァー)など。

本書で言及される作品

1 『愛がこわれるとき』(アメリカ・91)
2 『愛と哀しみの果て』(アメリカ・85)
3 『愛と青春の旅だち』(アメリカ・82)
4 『愛と追憶の日々』(アメリカ・83)
5 『愛の嵐』(イタリア・73)
6 『愛の狩人』(アメリカ・71)
7 『愛の絆』(イギリス・61)
8 『愛のコリーダ』(フランス/日本・76)
9 『逢びき』(イギリス・45)
10 『アイ・ネバー・プロミスト・ア・ローズ・ガーデン』(アメリカ・77)(日本未公開)
11 『逢う時はいつも他人』(アメリカ・60)
12 『アウトブレイク』(アメリカ・95)
13 『青いパパイヤの香り』(フランス・ベトナム・93)
14 『赤い砂漠』(イタリア/フランス・64)
15 『赤い薔薇ソースの伝説』(メキシコ・92)
16 『赤い風車』(イギリス/アメリカ・52)
17 『赤ちゃん教育』(アメリカ・38)
18 『赤ちゃんはトップレディがお好き』(アメリカ・87)
19 『あきれたあきれた大作戦』(アメリカ・79)
20 『悪人と美女』(アメリカ・52)
21 『悪魔のような女』(フランス・55)
22 『アジアの嵐』(ソ連・28)
23 『アダム氏とマダム』(アメリカ・49)
24 『アニー・ホール』(アメリカ・77)
25 『アニマル・ハウス』(アメリカ・78)
26 『アフター・アワーズ』(アメリカ・85)
27 『甘い生活』(イタリア/フランス・60)
28 『甘い毒』(アメリカ・94)
29 『アマデウス』(アメリカ・84)
30 『雨』(アメリカ・32)
31 『雨を降らす男』(アメリカ・56)
32 『荒馬と女』(アメリカ・61)
33 『アラクノフォビア』(アメリカ・90)
34 『アリスの恋』(アメリカ・74)
35 『ありふれた事件』(ベルギー・92)
36 『アルジェの戦い』(アルジェリア/イタリア・66)
37 『ある日どこかで』(アメリカ・80)
38 『アンダルシアの犬』(フランス・28)
39 『イーストウィックの魔女たち』(アメリカ・87)
40 『イエロー・サブマリン』(イギリス・68)
41 『生きてこそ』(アメリカ・93)
42 『活きる』(中国・94)
43 『イゴールの約束』(ベルギー/フランス/ルクセンブルク・96)
44 『偽りのヘブン』(アメリカ・88)
45 『イブの三つの顔』(アメリカ・57)
46 『イル・ポスティーノ』(イタリア/フランス/ベルギー・94)
47 『イングリッシュ・ペイシェント』(イギリス・96)
48 『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』(アメリカ・94)
49 『イントレランス』(アメリカ・16 )
50 『ウイークエンド』(フランス/イタリア・67)
51 『ウェインズ・ワールド』(アメリカ・92)
52 『ウエスト・サイド物語』(アメリカ・61)
53 『ウエディング』(アメリカ・78)
54 『ウォーターシップダウンのうさぎたち』(イギリス・78)
55 『ウォール街』(アメリカ・87)
56 『ウディ・アレンの重罪と軽罪』(アメリカ・89)
57 『ウンベルト・D』(イタリア・52)
58 『運命の逆転』(アメリカ・90)
59 『エイリアン』(アメリカ・79)
60 『エイリアン2』(アメリカ・86)
61 『エクウス』(イギリス/アメリカ・77)
62 『エビータ』(アメリカ・96)
63 『エレファント・マン』(アメリカ・80)
64 『エンゼル・ハート』(アメリカ・87)
65 『黄金』(アメリカ・48)
66 『王様の剣』(アメリカ・63)
67 『王になろうとした男』(アメリカ・75)
68 『大いなる幻影』(フランス・37)
69 『狼の時刻』(スウェーデン・68)
70 『狼よさらば』(アメリカ・74)
71 『オーソン・ウェルズのフォルスタッフ』(スペイン/スイス・66)
72 『オール・ザット・ジャズ』(アメリカ・79)
73 『オズの魔法使』(アメリカ・39)
74 『お達者コメディ/シルバー・ギャング』(アメリカ・79)
75 『夫たち、妻たち』(アメリカ・92)
76 『大人は判ってくれない』(フランス・59)
77 『鬼火』(フランス・63)
78 『オペラは踊る』(アメリカ・35)
79 『泳ぐひと』(アメリカ・68)
80 『愚か者の船』(アメリカ・65)
81 『音楽サロン(音楽ホール)』(インド・58)
82 『女と男の名誉』(アメリカ・85)
83 『鏡の中にある如く』(スウェーデン・61)
84 『革命児サパタ』(アメリカ・52)
85 『影なき狙撃者』(アメリカ・62)
86 『カサブランカ』(アメリカ・42)
87 『カジノ』(アメリカ・95)
88 『風と共に去る20ドル!?』(アメリカ・93)
89 『勝手にしやがれ』(フランス・59)
90 『カメレオンマン』(アメリカ・83)
91 『仮面/ペルソナ』(スウェーデン・66)
92 『カリガリ博士』(ドイツ・20)
93 『カルテット』(イギリス/フランス・81)
94 『華麗なるギャツビー』(アメリカ・74)
95 『ガンジー』(イギリス・82)
96 『カンバセーション…盗聴…』(アメリカ・74)
97 『帰郷』(アメリカ・78)
98 『危険な遊び』(アメリカ・93)
99 『危険な関係』(アメリカ・88)
100 『傷だらけの栄光』(アメリカ・56)
101 『キッド』(アメリカ・21)
102 『恐怖の岬』(アメリカ・62)
103 『虚栄のかがり火』(アメリカ・90)
104 『極北の怪異(極北のナヌーク)』(アメリカ・22)
105 『巨象の道』(アメリカ・54)
106 『去年マリエンバートで』(フランス/イタリア・61)
107 『クイズ・ショウ』(アメリカ・94)
108 『偶然の旅行者』(アメリカ・88)
109 『蜘蛛女のキス』(ブラジル/アメリカ・85)
110 『クライング・ゲーム』(イギリス・92)
111 『暗闇でドッキリ』(イギリス/アメリカ・64)
112 『暗闇のささやき』(アメリカ・92)
113 『グランド・ホテル』(アメリカ・32)
114 『グリード』(アメリカ・24)
115 『クレイマー、クレイマー』(アメリカ・79)
116 『クレールの膝』(フランス・70)
117 『グローリー』(アメリカ・89)
118 『黒豹のバラード』(アメリカ・93)
119 『刑事グラハム/凍りついた欲望』(アメリカ・86)
120 『刑事ジョン・ブック 目撃者』(アメリカ・85)
121 『ケープ・フィアー』(アメリカ・91)
122 『結婚しない女』(アメリカ・77)
123 『恋する惑星』(香港・94)
124 『恋におぼれて』(アメリカ・97)
125 『恋におちて』(アメリカ・84)
126 『恋のゆくえ ファビュラス・ベイカー・ボーイズ』(アメリカ・89)
127 『恋はデジャ・ブ』(アメリカ・93)
128 『恋人たちの食卓』(台湾・94)
129 『恋人たちの予感』(アメリカ・89)
130 『絞死刑』(日本・68)
131 『ゴースト ニューヨークの幻』(アメリカ・90)
132 『ゴーストバスターズ』(アメリカ・84)
133 『氷の微笑』(アメリカ・92)
134 『午後の網目』(アメリカ・43)
135 『心の旅』(アメリカ・91)
136 『コックと泥棒、その妻と愛人』(イギリス/フランス・89)
137 『ゴッドファーザー』(アメリカ・72)
138 『ゴッドファーザー PARTⅡ』(アメリカ・74)
139 『コヤニスカッツィ』(アメリカ・83)
140 『殺したい女』(アメリカ・86)
141 『サイコ』(アメリカ・60)
142 『サウンド・オブ・ミュージック』(アメリカ・65)
143 『サクリファイス』(スウェーデン/フランス・86)
144 『叫びとささやき』(スウェーデン・72)
145 『誘う女』(アメリカ・95)
146 『サタデー・ナイト・フィーバー』(アメリカ・77)
147 『裁かるるジャンヌ』(フランス・28)
148 『さよならゲーム』(アメリカ・88)
149 『さらば、わが愛 覇王別姫』(香港/中国・93)
150 『さらば愛しき女よ』(アメリカ・75)
151 『サリヴァンの旅』(アメリカ・41)
152 『サルバドル/遥かなる日々』(アメリカ・86)
153 『サンセット大通り』(アメリカ・50)
154 『三人の女』(アメリカ・77)
155 『サンライズ』(アメリカ・27)
156 『ザ・エージェント』(アメリカ・96)
157 『ザ・コップ』(アメリカ・88)
158 『ザ・プレイヤー』(アメリカ・92)
159 『ザ・リバー』(アメリカ・84)
160 『ザ・ルーリング・クラス』(イギリス・72)(日本未公開)
161 『シー・オブ・ラブ』(アメリカ・89)
162 『ジェラシー』(イギリス・80)
163 『シェルタリング・スカイ』(イギリス/イタリア・90)
164 『地獄の黙示録』(アメリカ・79)
165 『詩人の血』(フランス・30)
166 『七人の侍』(日本・54)
167 『シビル』(アメリカ・76)(日本未公開)
168 『市民ケーン』(アメリカ・41)
169 『シャイニング』(アメリカ・80)
170 『シャイン』(オーストラリア・96)
171 『ジャスティス』(アメリカ・79)
172 『十二人の怒れる男』(アメリカ・57)
173 『自由の幻想』(フランス・74)
174 『ジュラシック・パーク』(アメリカ・93)
175 『ジョイ・ラック・クラブ』(アメリカ・93)
176 『ジョーズ』(アメリカ・75)
177 『ショート・カッツ』(アメリカ・93)
178 『ジョンとメリー』(アメリカ・69)
179 『白雪姫と道化もの』(アメリカ・61)
180 『白いドレスの女』(アメリカ・81)
181 『新学期 操行ゼロ』(フランス・33)
182 『真実の囁き』(アメリカ・96)
183 『シンドラーのリスト』(アメリカ・93)
184 『人類創世』(フランス/カナダ・81)
185 『スーパーマン』(アメリカ・78)
186 『スカーレット・レター』(アメリカ・95)
187 『スター・ウォーズ』(アメリカ・77)
188 『スター・ウォーズ ジェダイの帰還』(アメリカ・83)
189 『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』(アメリカ・80)
190 『スター80』(アメリカ・83)
191 『スタンド・バイ・ミー』(アメリカ・86)
192 『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(アメリカ/西ドイツ・84)
193 『スパイナル・タップ』(アメリカ・84)
194 『素晴らしき戦争』(イギリス・69)
195 『スパルタカス』(アメリカ・60)
196 『スピード』(アメリカ・94)
197 『スミス都へ行く』(アメリカ・39)
198 『スリング・ブレイド』(アメリカ・96)
199 『成功の甘き香り』(アメリカ・57)
200 『青春群像』(イタリア/フランス・53)
201 『世界中がアイ・ラヴ・ユー』(アメリカ・96)
202 『セブン』(アメリカ・95)
203 『セルピコ』(アメリカ・73)
204 『戦火のかなた』(イタリア・46)
205 『戦艦ポチョムキン』(ソ連・25)
206 『戦場にかける橋』(イギリス/アメリカ・57)
207 『戦場の小さな天使たち』(イギリス・87)
208 『戦争と平和』(イタリア/アメリカ・56)
209 『戦慄の絆』(カナダ/アメリカ・88)
210 『卒業』(アメリカ・67)
211 『卒業白書』(アメリカ・83)
212 『存在の耐えられない軽さ』(アメリカ・88)
213 『ダーティハリー4』(アメリカ・83)
214 『ターミネーター』(アメリカ・84)
215 『第一の大罪』(アメリカ・80)
216 『大逆転』(アメリカ・83)
217 『大地震』(アメリカ・74)
218 『タイトロープ』(アメリカ・84)
219 『ダイナー』(アメリカ・82)
220 『第七の封印』(スウェーデン・57)
221 『太陽はひとりぼっち』(イタリア/フランス・62)
222 『大列車強盗』(アメリカ・03)
223 『ダイ・ハード』(アメリカ・88)
224 『タクシードライバー』(アメリカ・76)
225 『旅立ちの時』(アメリカ・88)
226 『ダンス・ウィズ・ア・ストレンジャー』(イギリス・85)
227 『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(アメリカ・90)
228 『男性・女性』(フランス・66)
229 『小さな巨人』(アメリカ・70)
230 『小さな旅人』(イタリア/フランス/スイス・92)
231 『誓い』(オーストラリア・81)
232 『チャイナタウン』(アメリカ・74)
233 『チャップリンの黄金狂時代』(アメリカ・25)
234 『チャンス』(アメリカ/西ドイツ・79)
235 『菊豆』(中国・90)
236 『チューズ・ミー』(アメリカ・84)
237 『長距離ランナーの孤独』(イギリス・62)
238 『沈黙』(スウェーデン・63)
239 『月の輝く夜に』(アメリカ・87)
240 『襤褸と宝石』(アメリカ・36)
241 『罪と罰』(フランス・35)
242 『出逢い』(アメリカ・79)
243 『ディア・ハンター』(アメリカ・78)
244 『テスタメント』(アメリカ・83)
245 『テナント/恐怖を借りた男』(フランス・76)
246 『テルマ&ルイーズ』(アメリカ・91)
247 『テン』(アメリカ・79)
248 『テンダー・マーシー』(アメリカ・83)
249 『動物農場』(イギリス・54)(アニメーション映画)
250 『逃亡者』(アメリカ・93)
251 『ドゥ・ザ・ライト・シング』(アメリカ・89)
252 『トータル・リコール』(アメリカ・90)
253 『ドクター』(アメリカ・91)
254 『突撃』(アメリカ・57)
255 『特攻大作戦』(アメリカ/イギリス・67)
256 『トッツィー』(アメリカ・82)
257 『トップ・ハット』(アメリカ・35)
258 『飛べ! フェニックス』(アメリカ・65)
259 『ドラッグストア・カウボーイ』(アメリカ・89)
260 『鳥』(アメリカ・63)
261 『トリコロール/赤の愛』(フランス/ポーランド/スイス・94)
262 『奴隷戦艦』(イギリス・62)
263 『トレインスポッティング』(イギリス・96)
264 『とんだりはねたりとまったり』(イギリス・59)
265 『眺めのいい部屋』(イギリス・86)
266 『ナスティ・ハビッツ』(イギリス・77)(日本未公開)
267 『ナッシュビル』(アメリカ・75)
268 『南極のスコット』(イギリス・48)
269 『ニクソン』(アメリカ・95)
270 『ニッキーとジーノ』(アメリカ・88)
271 『日本人の勲章』(アメリカ・55)
272 『ネイキッド』(イギリス・93)
273 『ネットワーク』(アメリカ・76)
274 『野いちご』(スウェーデン・57)
275 『ノース・ダラス40』(アメリカ・79)
276 『バートン・フィンク』(アメリカ・91)
277 『ハード・プレイ』(アメリカ・92)
278 『ハイ・ホープス キングス・クロスの人々』(イギリス・88)
279 『博士の異常な愛情/または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』(イギリス/アメリカ・64)
280 『白鯨』(アメリカ・56)
281 『白熱』(アメリカ・49)
282 『パスカリの島』(イギリス・87)
283 『ハズバンズ』(アメリカ・70)
284 『ハスラー』(アメリカ・61)
285 『裸の銃【ルビ:ガン】を持つ男』(アメリカ・88)
286 『裸足のイサドラ』(イギリス・68)
287 『バッグス・バニー』(38~)
288 『バックマン家の人々』(アメリカ・89)
289 『パッション・フィッシュ』(アメリカ・92)
290 『パットとマイク』(アメリカ・52)
291 『波止場』(アメリカ・54)
292 『バベットの晩餐会』(デンマーク・87)
293 『パラダイス・アーミー』(アメリカ・81)
294 『バリー・リンドン』(イギリス/アメリカ・75)
295 『ハリウッドにくちづけ』(アメリカ・90)
296 『ハリケーン』(アメリカ・79)
297 『パリ、テキサス』(西ドイツ/フランス・84)
298 『パルプ・フィクション』(アメリカ・94)
299 『ハロルドとモード 少年は虹を渡る』(アメリカ・71)
300 『ハンナとその姉妹』(アメリカ・86)
301 『ハンバーガー・ヒル』(アメリカ・87)
302 『バンビ』(アメリカ・42)(アニメーション映画)
303 『ピアノ・レッスン』(オーストラリア・93)
304 『ヒズ・ガール・フライデー』(アメリカ・40)
305 『ビッグ』(アメリカ・88)
306 『ビッグ・ウェンズデー』(アメリカ・78)
307 『羊たちの沈黙』(アメリカ・91)
308 『ひとりぼっちの青春』(アメリカ・70)
309 『ビトレイヤル』(イギリス・83)(日本未公開)
310 『日の名残り』(イギリス/アメリカ・93)
311 『評決』(アメリカ・82)
312 『ビリディアナ』(スペイン/メキシコ・61)
313 『ファイブ・イージー・ピーセス』(アメリカ・70)
314 『フィツカラルド』(西ドイツ/ペルー・82)
315 『フィッシャー・キング』(アメリカ・91)
316 『フィフス・エレメント』(フランス・97)
317 『フェイシズ』(アメリカ・68)
318 『フェリーニのアマルコルド』(イタリア/フランス・73)
319 『フェリーニの道化師』(イタリア・70)
320 『フェリーニのローマ』(イタリア/フランス・72)
321 『フォーリング・ダウン』(アメリカ・93)
322 『フォー・ウェディング』(イギリス・94)
323 『フォレスト・ガンプ/一期一会』(アメリカ・94)
324 『福祉』(アメリカ・75)(ドキュメンタリー映画)
325 『ふしぎの国のアリス』(アメリカ・51)(アニメーション映画)
326 『普通の人々』(アメリカ・80)
327 『不法侵入』(アメリカ・92)
328 『冬の光』(スウェーデン・62)
329 『プライベート・ベンジャミン』(アメリカ・80)
330 『フライングハイ』(アメリカ・80)
331 『ブラインド・デート』(アメリカ・87)
332 『ブラック・ウィドー』(アメリカ・87)
333 『プリティ・リーグ』(アメリカ・92)
334 『ブルーベルベット』(アメリカ・86)
335 『ブルジョワジーの秘かな愉しみ』(フランス・72)
336 『フルメタル・ジャケット』(イギリス/アメリカ・87)
337 『ブレージングサドル』(アメリカ・74)
338 『ブレードランナー』(アメリカ/香港・82)
339 『ブレックファスト・クラブ』(アメリカ・85)
340 『ブロードウェイと銃弾』(アメリカ・94)
341 『プロデューサーズ』(アメリカ・67)
342 『ベイブ』(オーストラリア/アメリカ・95)
343 『ペーパーチェイス』(アメリカ・73)
344 『ベスト・フレンズ・ウェディング』(アメリカ・97)
345 『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』(フランス・86)
346 『ベニスに死す』(イタリア・71)
347 『蛇の穴』(アメリカ・48)
348 『ペレ』(デンマーク/スウェーデン・87)
349 『ベン・ハー』(アメリカ・59)
350 『ポイント・ブランク』(アメリカ・97)
351 『暴力脱獄』(アメリカ・67)
352 『僕たちのサマーキャンプ/親の居ぬ間に…』(アメリカ・94)
353 『ボストニアン』(イギリス/アメリカ・84)
354 『ホスピタル』(アメリカ・71)
355 『ポセイドン・アドベンチャー』(アメリカ・72)
356 『炎のランナー』(イギリス・81)
357 『ボブ★ロバーツ/陰謀が生んだ英雄』(アメリカ・92)
358 『ポリスアカデミー』(アメリカ・84)
359 『ポンペイ最後の日』(イタリア・1913)
360 『マーティ』(アメリカ・55)
361 『マイクス・マーダー』(アメリカ・84)
362 『マイケル・コリンズ』(イギリス・96)
363 『マイ・ディナー・ウィズ・アンドレ』(アメリカ・81)
364 『マグノリアの花たち』(アメリカ・89)
365 『マクベス』(イギリス/アメリカ・71)
366 『魔人ドラキュラ』(アメリカ・31)
367 『マッドマックス2』(オーストラリア・81)
368 『マディソン郡の橋』(アメリカ・95)
369 『摩天楼を夢みて』(アメリカ・92)
370 『まなざしと微笑み』(イギリス・81)
371 『真夏の夜の夢』(アメリカ・35)
372 『真夜中のカーボーイ』(アメリカ・69)
373 『マルタの鷹』(アメリカ・41)
374 『マンハッタン』(アメリカ・79)
375 『ミーン・ストリート』(アメリカ・73)
376 『ミセス・パーカー ジャズエイジの華』(アメリカ・94)
377 『道』(イタリア・54)
378 『ミッシング』(アメリカ・82)
379 『三つ数えろ』(アメリカ・46)
380 『ミッドナイト・ラン』(アメリカ・88)
381 『未亡人ドナ・フロールの理想的再婚生活』(ブラジル・78)
382 『ミュリエルの結婚』(オーストラリア・94)
383 『未来世紀ブラジル』(イギリス・85)
384 『めぐり逢えたら』(アメリカ・93)
385 『メフィスト』(ハンガリー/西ドイツ・81)
386 『めまい』(アメリカ・58)
387 『メン・イン・ブラック』(アメリカ・97)
388 『燃えつきるまで』(アメリカ・84)
389 『モーニングアフター』(アメリカ・86)
390 『モーメント・バイ・モーメント』〔『年上の女』(アメリカ・78)の原題〕
391 『モガンボ』(アメリカ・53)
392 『モダン・タイムス』(アメリカ・36)
393 『モロッコへの道』(アメリカ・42)
394 『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』(イギリス・75)
395 『モントリオールのジーザス』(カナダ/フランス・89)
396 『ヤング・フランケンシュタイン』(アメリカ・74)
397 『ユージュアル・サスペクツ』(アメリカ・95)
398 『郵便配達は二度ベルを鳴らす』(イタリア・42)
399 『ゆりかごを揺らす手』(アメリカ・92)
400 『許されざる者』(アメリカ・92)
401 『ヨーロッパ横断特急』(フランス/オランダ・66)
402 『欲望』(アメリカ/イギリス/イタリア・66)
403 『欲望という名の電車』(アメリカ・51)
404 『欲望のあいまいな対象』(フランス/スペイン・77)
405 『夜』(イタリア・フランス・61)
406 『夜と霧』(フランス・55)
407 『夜の大捜査線』(アメリカ・67)
408 『ライオン・キング』(アメリカ・94)
409 『羅生門』(日本・50)
410 『ラストエンペラー』(イタリア/香港/イギリス・87)
411 『ラスト・レイプ』(アメリカ・75)
412 『ラブド・ワン』(アメリカ・65)
413 『ラブ・セレナーデ』(オーストラリア・96)
414 『ラリー・フリント』(アメリカ・96)
415 『ランボー』(アメリカ・82)
416 『リーサル・ウェポン』(アメリカ・87)
417 『リービング・ラスベガス』(アメリカ・95)
418 『リサの瞳のなかに』(アメリカ・62)
419 『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』(アメリカ・86)
420 『リトル・マーメイド』(アメリカ・89)
421 『リバー・ランズ・スルー・イット』(アメリカ・92)
422 『ルームメイト』(アメリカ・92)
423 『レイジング・ブル』(アメリカ・80)
424 『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(アメリカ・81)
425 『レインマン』(アメリカ・88)
426 『レザボア・ドッグス』(アメリカ・92)
427 『レディ・イヴ』(アメリカ・41)
428 『レニー・ブルース』(アメリカ・74)
429 『老人と海』(アメリカ・58)
430 『ローズ』(アメリカ・79)
431 『ローズ家の戦争』(アメリカ・89)
432 『ローズマリーの赤ちゃん』(アメリカ・68)
433 『ロード・ジム』(イギリス/アメリカ・65)
434 『ロジャー・ラビット』(アメリカ・88)
435 『ロスト・ハイウェイ』(アメリカ/フランス/97)
436 『ロッキー』(アメリカ・76)
437 『ロッキー4 炎の友情』(アメリカ・85)
438 『ロボコップ』(アメリカ・87)
439 『ロミーとミッシェルの場合』(アメリカ・97)
440 『若き日のリンカン』(アメリカ・39)
441 『わが街』(アメリカ・91)
442 『惑星ソラリス』(ソ連・72)
443 『私の好きな季節』(フランス・93)
444 『わらの犬』(アメリカ・71)
445 『ワンダとダイヤと優しい奴ら』(アメリカ・88)
446 『E.T.』【ピリオド右側】(アメリカ・82)
447 『if もしも…』(イギリス・68)
448 『JFK』(アメリカ・91)
449 『M』(ドイツ・31)
450 『M★A★S★H マッシュ』(アメリカ・70)
451 『Q&A』(アメリカ・90)
452 『Shall we ダンス?』(日本・96)
453 『ZOO』(イギリス/オランダ・85)
454 『1984』(イギリス・84)
455 『2001年宇宙の旅』(イギリス/アメリカ・68)
456 『8 1/2』(イタリア/フランス・63)

ストーリー
ロバート・マッキーが教える物語の基本と原則

ロバート・マッキー=著|越前敏弥=訳|堺三保=解説

  • A5版|536頁|本体:3,200円+税|ISBN 978-4-8459-1720-4

btn_buy


動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2018 Film Art, Inc. All Rights Reserved.