Books

アウトラインから書く小説再入門

なぜ、自由に書いたら行き詰まるのか?

btn_buy


全米で圧倒的支持!
小説、映画脚本、ゲーム、マンガ。あらゆる物語作りに応用可能な「地図」=アウトラインの描き方

「アウトライン」とは、小説を執筆するうえでのロードマップ。最初にアウトラインを構築することこそが、小説を最後まで「書き切る」ための近道です。時間をかけてアウトラインを作ると、物語にバランスとまとまりが生まれる、伏線がうまく配置できる、主観が計画的に選べるなど、さまざまな成果が期待できます。  本書では、アメリカ在住の現役作家が、アウトライン構築にあたっての独自のメソッドをステップごとにナビゲートします。既に小説をたくさん書いている人には執筆術の「再入門」として、初めて書く人には基礎知識の習得に活用できる一冊です。

CONTENTS

はじめに

chapter.1 アウトラインは必要か?
アウトラインについての、よくある四つの誤解
アウトラインで得られる七つの成果
─著者に訊く

chapter. 2 アウトラインを作る前に
個性と作品に合わせた方法を工夫しよう
時系列に沿わないアウトラインの例
アウトラインのツール
─著者に訊く

chapter.3 一文で物語を表す「プレミス」のまとめ方
発想の幅を広げる「もしも(What if )」クエスチョン
今、プレミスを書いておきたい六つの理由
プレミスを徹底的に生かす「アウトライン前」クエスチョン
ブレインストームで収穫を得るための五つのヒント
─著者に訊く

chapter.4 全体の下書き(ゼネラル・スケッチ)……1|点と点をつなげる
シーン・リスト|とりあえず、今すぐに思い浮かぶシーンを挙げてみよう
点つなぎ|マークした曖昧な部分のアイデア出しをしよう
─著者に訊く

chapter. 5 全体の下書き(ゼネラル・スケッチ)……2|基本要素を見つける
動機、欲望、ゴール|フィクションの中核をパワフルに据える
対立/葛藤|これがなければ人物とプロットは存在しない
テーマには作者の真実が表れてこそ意味がある
─著者に訊く

chapter. 6 人物像の下書き(キャラクター・スケッチ)……1|バックストーリーを作る
本編をフル始動させる「インサイティング・イベント」の作り方、生かし方
プロットを豊かに広げる「バックストーリー」の作り方
バックストーリーの適度な使い方
─著者に訊く

chapter. 7 人物像の下書き(キャラクター・スケッチ)……2|人物インタビュー
人物像をくまなく作り込む「人物インタビュー・質問リスト」
無口な人物の本音を引き出す「フリーハンド・インタビュー」
〔表〕エニアグラム・チャート
─著者に訊く

chapter. 8 舞台設定でユニークな世界観を作る
その舞台設定はストーリーとぴったり合っていますか?
登場人物はその舞台設定にどう反応しますか?
その舞台設定から心理的に影響を受けますか?
舞台設定が多すぎていませんか?
世界観構築クエスチョン
─著者に訊く

chapter. 9 詳細アウトラインで物語を育てる
あなたが書こうとしているのはどんなストーリー?
ストーリー構成のチェックポイント
あらゆるストーリーに欠かせない三つの要素
ストーリーを端正に仕上げる「フレーミング」
「このシーンは無駄」と言わせないドミノ式展開
─著者に訊く

chapter.10 清書版アウトラインでロードマップを描く
すべてのシーンを整理し、評価しよう
章やシーンの区切りを考えよう
全体のリズム感を演出する配分調整
─著者に訊く

chapter.11 アウトラインを活用しよう

 

訳者あとがき

PROFILE

■著者
K.M. ワイランド (K.M.Weiland)
アメリカ合衆国ネブラスカ州西部出身、在住。幼少の頃から乗馬とビリー・ザ・キッド、歴史と物語をこよなく愛して現在に至る。自身の出版レーベルPenForASwordより『A Man Called Outlaw(アウトローと呼ばれた男)』『Behold the Dawn(暁を見よ)』『Dreamlander(ドリームランダー)』
をはじめ、中世のヨーロッパや中東、近代アメリカなどの歴史を舞台とした小説を多数発表。創作のサポート活動にも精力的に取り組んでおり、ブログ「Wordplay:Helping Writers Become Authors (ワードプレイ:著書を世に出すお手伝い)」にてコラムや動画、インターネットラジオ、またオーディオCDなどでライターに役立つノウハウを公開中。本づくりについての豊富な経験を生かし、編集サービスも行なっている。
http://www.kmweiland.com/〔英語〕

■訳者
シカ・マッケンジー (Shika Mackenzie)
関西学院大学社会学部卒。「演技の手法は英語教育に取り入れられる」とひらめき、1999年渡米。以後ロサンゼルスと日本を往復しながら、俳優、通訳、翻訳者として活動。教育の現場では、俳優や映画監督の育成にあたる。ウェブサイト英語劇ドットコムを通じ、表現活動のコンサルティングも行っている。
訳書に文化庁日本文学普及事業作品『The Tokyo Zodiac Murders』(英訳、共訳)、『魂の演技レッスン22』、『役を生きる演技レッスン』『監督と俳優のコミュニケーション術』『新しい主人公の作り方』(フィルムアート社)他。

アウトラインから書く小説再入門
なぜ、自由に書いたら行き詰まるのか?

K.M.ワイランド=著|シカ・マッケンジー=訳

  • 四六判|232頁|定価 2,000円+税|ISBN 978-4-8459-1310-7

btn_buy


動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2017 Film Art, Inc. All Rights Reserved.