Books

Film Analysis 映画分析入門

btn_buy


映画を多元的に読む──
ワールド・スタンダードな「映画学の教科書」決定版


これまで映画の見方を指南する本は、技法の詳説に偏ったものや、高踏すぎる難解なものが多いのが現状でした。本書では、実際の映画作品を用いて「技法」と「批評」の両面から分析するテキストで構成されており、映画をトータルかつ客観的な視点から学習することができます。
第一部では、物理的な対象(カメラ、音、美術など)の「何を見ればいいのか」が語られ、第二部では、意味上の対象(歴史、政治、科学、思想など)を「どう見ればいいのか」が述べられており、豊富なスチルがそれらをさらに分かりやすく伝えます。
「映画を批評的に見るためには、どこから始めればいいか」という一歩進んだ映画に対する観点が、本書が伝えたいコアポイントです。「鑑賞のイージーさ」と「批評のハードさ」を繋ごうとする姿勢は、ただ単に映画を受容するだけではなく、鑑賞者や作り手に対して新しい視点や論点を与える1冊です。

《本書で引用される映画作品》
『時計仕掛けのオレンジ』 『パルプ・フィクション』 『シャイニング』 『鳥』 『ロード・オブ・ザ・リング』 『アメリ』 『無ケーカクの命中男』 『フィクサー』 『2046』 『第三の男』 『波止場』 『フィラデルフィア物語』 『暗殺の森』 『北北西に進路を取れ』 『12人の怒れる男』 『我等の生涯の最良の年』 『ミルドレッド・ピアース』 『捜索者』 『女相続人』 『花様年華』 『エネミー・オブ・アメリカ』 『その土曜日、7時58分』 『スタンドアップ』 『自転車泥棒』 『突撃』 『ヒストリー・オブ・バイオレンス』 『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』 『ガス燈』 『大いなる幻影』 『ロード・トゥ・パーティション』 『ゴッドファーザー』 『コールガール』 『十字砲火』 『男性・女性』 『ブロンド・ヴィナス』 『ドライヴ』 『ハイエナ』 『テルマ&ルイーズ』 『市民ケーン』 『地獄の黙示録』 『ある日、ダウニング街で』 『エイリアン』 『カメラを持った男』 『ブレードランナー』 『バッカニアーズ』 『しあわせの法則』 『チャイナタウン』 『シェイム』 『風と共に散る』 『セブン』 『羊たちの沈黙』 『フォーリング・ダウン』 『つぐない』 『M』 『恋する惑星』 『ロジャー&ミー』 『パリ 夜は眠らない』 『スコピオ・ライジング』 『二十四時間の情事』 『インサイド・ジョブ』 『歴史と記憶』 『ツリー・オブ・ライフ』 『ゴールド・ディガーズ1933』 『レボリューショナリー・ロード』 『ワーキング・ガール』 『ファイト・クラブ』 『レザボア・ドッグス』 『憎しみ』 『オフィシャル・ストーリー』 『ラン・ローラ・ラン』

CONTENTS

序章 映画における意味

第一部 技巧と意味
 第1章 構図
 第2章 カメラワーク
 第3章 編集
 第4章 アートディレクション
 第5章 語り
 第6章 メタファー、構造、人物、モチーフ
 第7章 スタイル:リアリズムと表現主義

第二部 批評的分析
 第8章 歴史的批評
 第9章 構造主義批評
 第10章 心理学的批評
 第11章 イデオロギー批評
 第12章 ジェンダー批評
 第13章 エスニック批評
 第14章 政治的批評
 第15章 ポスト構造主義批評
 第16章 科学的批評

訳者あとがき

PROFILE

■著者
マイケル・ライアン Michael Ryan

テンプル大学准教授。コミュニケーションおよび演劇学部で教鞭を執る他、批評誌“Politics and Culture”の編集委員も務める。

メリッサ・レノス Melissa Lenos
テンプル大学で博士号を取得後、ブルックデイル大学で教鞭を執り、現在はドネリー大学助教。映画を中心とした物語論を専門に研究している。

■ 訳者
田畑 暁生(たばた・あけお)

1965年、東京生まれ。東京大学経済学部卒業。東京大学大学院(社会情報学)修了。現在、神戸大学人間発達環境学研究科准教授。著書に『情報社会論の展開』(北樹出版)、編著書に『情報社会を知るクリティカル・ワーズ』(フィルムアート社)、訳書に『サイバー・メディア・スタディーズ』(フィルムアート社)などがある。

Film Analysis 映画分析入門

マイケル・ライアン+メリッサ・レノス=著|田畑暁生=訳

  • A5判|256頁|定価 2,400円+税|ISBN 978-4-8459-1439-5

btn_buy


動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2017 Film Art, Inc. All Rights Reserved.