Books

文学効能事典

あなたの悩みに効く小説

btn_buy


小説で愉しむ「病」と「悩み」の処方箋。
『百年の孤独』、『華氏451度』、『秘密の花園』、『老人と海』、『一九八四年』、『嵐が丘』、『キャッチャー・イン・ザ・ライ』、『ねじまき鳥クロニクル』...。古今東西の名作文学作品があなたの悩みに効く「薬」になる!(かもしれない)。


≪メディア掲載≫
北海道新聞8月13日号の書評で紹介いただきました。
[評者:中村邦生(作家)]
ダ・ヴィンチニュースで紹介いただきました。
「誰かに復讐をしたくなってしまったら…。読むクスリ、あります! 心も体も元気になれる1冊を見つけよう」
[評者:遠野莉子]
◎Pen 2017年9月1日号で紹介いただきました。
◎週刊新潮で紹介いただきました。
大森望「私が選んだベスト5」 夏休みお薦めガイド
◎産経ニュースで紹介いただきました。
読むクスリ、処方します インフルエンザにはあのミステリーが効く?
◎朝日新聞でで紹介いただきました。
2017年9月24日号 評者:斎藤美奈子さん
『BOOKMARK』第9号で紹介いただきました。
◎『サンデー毎日』2017年12月5日号で紹介いただきました。 評者:松浦弥太郎さん
読むことで癒える傷があり読むことで解決する問題がある


≪イベント情報≫
荻窪の本屋Titleで刊行記念イベントを開催します。
【7/20(木)】
あなたの悩み、文学作品で解消します 『文学効能事典 あなたの悩みに効く小説』(フィルムアート社)刊行記念イベント 金原瑞人さん×辻山良雄さんトークイベント
詳細はこちら

イベントレポートをウェブマガジンかみのたねにて公開中。

はじめに

 この本は、体や心の具合が悪いと感じたときに開いて、その対処法を知るために参考にしてほしい──といっても、いわゆる健康本や医学解説書とはちがう。
 どこがちがうかというと、まず、取り上げている症状や悩みの種類がバラエティに富んでいる。体の痛みも心の痛みも区別することなく取り上げているので、この本を開けば、「腰が痛いとき」や「歯が痛いとき」と同様に、「恋人と別れたとき」の対処法もみつかる。また「ホームシックのとき」や「飛行機がこわいとき」など、よくあるストレスを感じやすい状況も取り上げているし、「結婚相手をまちがえたとき」や「職を失ったとき」など、人生の深刻な危機も心身の不調をもたらす悩みとして取り上げている。さらに「二日酔いのとき」や「深く関わるのがこわいとき」、「ユーモアがわからないとき」などのささいな症状や悩みも、ケアの必要な疾患とみなしている。
 そしてもう一つ、ふつうの健康本や医学解説書とちがうのは、症状の改善のためにすすめる薬が薬局ではなく書店や図書館にある点だ。場合によっては、ネットショップから手持ちの端末にダウンロードすることもできる。つまり私たちは「読書療法士(ビブリオセラピスト)」であり、治療に使うのは本だ。取り揃えている薬は、ヘミングウェイ、トルストイ、サラマーゴ、ペレック、メルヴィルなど、さまざまな種類があるが、それらを用意するために、古くは2世紀の作家アープレーイユスの『黄金の驢馬』から、現代の強壮剤ともいうべきジョナサン・フランゼンの作品まで、2000年に及ぶ文学史のなかから、最高の優れた知性にあふれ、もっとも心身の回復効果が期待できる小説を集めた。
 「読書療法(ビブリオセラピー)」は、ここ数十年間、ノンフィクション系の自己啓発本という形で普及してきた。しかし、文学愛好家は、意識してかどうかは別として、大昔から小説を軟膏のように使って傷をいやしてきた。だから、元気を回復させたいとか、不安定な感情をなんとかしたいと思うことがあれば、ぜひ小説を手に取ってほしい。というのも、小説は読書療法の薬として、もっとも純粋で信用できるうえ、その効能はひじょうに高いからだ。私たちはそれに関して、クライアントから直接話を聞くほか、数多くの事例を直接間接に見聞きしてきた。ときには小説のプロットが魔法のような効果を発揮するし、散文のリズムが心を鎮めたり刺激したりするのに役立つ。また、自分と同じような苦境にある登場人物の考えや態度が、よい影響をもたらすこともある。いずれにしても、小説には読む者を別の存在に移し替え、違う視点から世界をながめさせる力がある。小説を読むことに没頭しているとき、読者は登場人物が見ているものを見て、さわっているものをさわり、学んでいるものを学ぶ。体は自宅のリビングのソファに座っていても、思考や感覚や精神など、自分にとって重要な部分は、完全に別の場所に存在するのだ。「私にとって、ある作家の作品を読むことは、たんにその作家が書いていることを理解することではなく、一緒に旅に出るようなものだ」 アンドレ・ジッドはそういっている。そんな旅に出たら、だれでも人生が変わるはずだ。
 体や心のどんな不調に対しても、この本が提示する処方箋はシンプルだ。1冊(ときには2、3冊)の小説を、一定の期間内に読むこと。それで完全に不調が治る場合もあれば、自分はひとりじゃないとわかって慰められるだけの場合もあるだろう。しかし、いずれにせよ、たとえいっときでも、症状は緩和されるはずだ。小説には気を紛らわせ、我を忘れさせる力があるからだ。オーディオブックを使うのが効果的な場合もあるし、友人と一緒に朗読するのがいい場合もある。普通の薬と同じように、処方された本は最後まで読み切るのが、いちばんいい結果につながる。この本では、読書療法による疾患の治療法、対処法のほかに、忙しすぎて本が読めないとか、眠れないときに何を読んでいいかわからないといった読書の悩みに対するアドバイスや、年代別におすすめの小説のリストも載せている。
 心身の不調を改善する薬として本書でおすすめする小説を、読者の皆さんが十分に楽しんでくれることを願っている。それによって、いま以上の健康と、幸福と、より多くの知恵を手に入れてほしい。
(本書「はじめに」より)

目次

本書に収録されている作品の例

インフルエンザにかかったときは… →『アクロイド殺害事件』アガサ・クリスティ
月曜の朝が憂鬱なときは… →『ダロウェイ夫人』ヴァージニア・ウルフ
死ぬのがこわいときは… →『ホワイト・ノイズ』ドン・デリーロ/『百年の孤独』ガルシア゠マルケス
腹が立ったときは… →『老人と海』アーネスト・ヘミングウェイ
花粉症のときは… →『海底二万里』ジュール・ヴェルヌ
無職のときは… →『ねじまき鳥クロニクル』村上春樹
楽観的すぎるときは… →『わたしを離さないで』カズオ・イシグロ
つま先をぶつけたときは… →『若い藝術家の肖像』ジェイムズ・ジョイス
憎しみを感じるときは… →『一九八四年』ジョージ・オーウェル
重い病気ではないかと心配なときは… →『秘密の花園』バーネット
逃げ出したくなったときは… →『走れウサギ』ジョン・アップダイク
歯が痛いときは… →『アンナ・カレーニナ』トルストイ
復讐したいときは… →『嵐が丘』エミリー・ブロンテ
思春期の悩みがあるときは… →『キャッチャー・イン・ザ・ライ』J・D・サリンジャー
嘘をついてしまうときは… →『贖罪』イアン・マキューアン
周囲に溶けこめないときは… →『かもめのジョナサン』リチャード・バック

PROFILE

【著者プロフィール】

Ella Berthoud(エラ・バーサド)
Susan Elderkin(スーザン・エルダキン)

エラ・バーサドとスーザン・エルダキンは25年前にケンブリッジ大学の学生だったときに出会い、その時からお互いに小説を贈り合うことを始めた。
2008年から、二人でロンドンを拠点とする「The School of Life」というカルチャーセンターで読書療法(ビブリオセラピー)のサービスを開始し、世界中のクライアントに書籍を処方している。
エルダキンは、小説家、旅行ライター、文芸創作講座の教師、『ファイナンシャル・タイムズ』紙のフィクション担当の書評家として活動。夫と息子とともに米コネチカット州で暮らす。バーサドは、英サセックスで夫と3人の娘とともに暮らし、裏庭の小屋で絵を描いている。

【訳者プロフィール】

金原瑞人(かねはら・みずひと)
1954年、岡山市生まれ。法政大学社会学部教授。翻訳家。英米の古典からヤングアダルト、ノンフィクションまで、訳書は本書でちょうど500冊目となる。近訳書に、リオーダン『オリンポスの神々と7人の英雄』、スカロウ『タイムライダーズ』などの人気シリーズをはじめ、ヴォネガット『国のない男』、シアラー『骨董通りの幽霊省』、ユスフザイ『わたしはマララ』、グリーン『アラスカを追いかけて』、モーム『月と六ペンス』など多数。著書に『サリンジャーに、マティーニを教わった』『翻訳のさじかげん』など、また日本の古典翻案に『雨月物語』『仮名手本忠臣蔵』『真景累ヶ淵』などがある。

石田文子(いしだ・ふみこ)
1961年、大阪府生まれ。大阪大学人間科学部卒業。金原氏に師事して翻訳関係の仕事にたずさわる。訳書にドイル『シャーロック・ホームズの冒険』『名探偵シャーロック・ホームズ』、アーバイン『小説タンタンの冒険』、シアラー『スノー・ドーム』、ハプティー『オットーと空飛ぶふたご』、ローズ『ティモレオン』(共訳)、アームストロング『カナリーズソング』(共訳)、カリー『天才たちの日課』(共訳)などがある。京都府在住。

文学効能事典
あなたの悩みに効く小説

エラ・バーサド/スーザン・エルダキン=著|金原瑞人/石田文子=訳

  • 四六変型・並製|424頁|定価 2,000+税|ISBN 978-4-8459-1620-7

btn_buy


動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2017 Film Art, Inc. All Rights Reserved.