Books

ミュージック 「現代音楽」をつくった作曲家たち

btn_buy


現代音楽の各ジャンルの第一人者たちに、H.U.オブリストが迫る。
『キュレーション 「現代アート」をつくったキュレーターたち』に続く第二弾!

1950年代以来西洋で生み出されてきた音楽とその形式が、視覚芸術・文学・建築・映画における前衛と取り結ぶ関係についての研究書。
──(序文より)

現代音楽家たちの知性と魂についての、途方もなく豊かな記録!
各人の性格や雰囲気、手法、ほかにもいろいろなものを明らかにしてくれる──まさにインスピレーション!
──ビョーク



パブリシティ掲載情報
────
☆「Mikiki」(Intoxicate)において、小沼純一さんに書評を書いていただきました。
 消尽される声/響き合う他者の声に~ハンス・ウルリッヒ・オブリスト「ミュージック」と菊地成孔「レクイエムの名手」
 http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/9435
☆「サウンド&レコーディング・マガジン」2016年3月号のBook Reviewにおいて、ご紹介いただきました。
 「時代を創った音楽家たちの実作業を知る書」
☆「ele-king」のBook Reviewsにおいて、野田努さんにご紹介いただきました。
 www.ele-king.net/review/book/004883/
☆「men's FUDGE」2016年1月号にてご紹介いただきました。
 「複雑に絡み合った現代音楽の進化の過程を、当事者である音楽家や作曲家のインタビューで巧みにマッピングしてみせたのが本著。(中略)音楽に携わる者以外にも、豊かな創造的インスピレーションを与えてくれるだろう。」
☆「POPEYE」2015年12月号にてご紹介いただきました。
☆クラシック音楽情報誌「ぶらあぼ」2015年12月号にてご紹介いただきました。
☆「CINRA」にてご紹介いただきました。  http://www.cinra.net/news/20151027-music
────


世界的に著名なキュレーター、ハンス・ウルリッヒ・オブリストによる、50〜90年代において特に重要な音楽家、作曲家たちへのインタビューをまとめた1冊。
【前衛音楽】【電子音楽】【ミニマリズム & フルクサス】【現代】の4章の中で、総勢17名の“証言”を収録しています。

たとえば、戦後の前衛音楽をリードしてきたシュトックハウゼンやブーレーズ。クセナキス、フランソワ・ベイルなどの電子音楽のパイオニアたち。ミニマル・ミュージックやフルクサスから派生するスティーヴ・ライヒやオノ・ヨーコ。実験的かつポップな表現を追究したクラフトワークやカエターノ・ヴェローゾなど……。

彼らのオーラルヒストリーは、音楽の各ジャンルにとどまらず、美術、文学、建築、映画など、あらゆる分野を横断しながら独自の「現代音楽史」を紡ぎ、その過程の進化をマッピングします。
創作の過程、他の音楽家たちとの恊働、音楽への愛、作品の社会的な影響など、さまざまな角度から鋭く切り込んだオブリストならではのインタビューと、本人の言葉によって解き明かされる“歴史”は、音楽関係者のみならず、創作を志すすべての人に必読です。

目次

イントロダクション
Lionel Bovier リオネル・ボヴィエ

1章 前衛音楽の作曲家たち AVANT-GARDE-COMPOSERS
Karlheinz Stockhausen カールハインツ・シュトックハウゼン
Elliott Carter エリオット・カーター
Pierre Boulez ピエール・ブーレーズ

2章 電子音響音楽の誕生 THE BIRTH OF ELECTROACOUSTIC MUSIC
Iannis Xenakis ヤニス・クセナキス
Robert Ashley ロバート・アシュリー
François Bayle フランソワ・ベイル
Pauline Oliveros ポーリン・オリヴェロス
Peter Zinovieff ピーター・ジノヴィエフ

3章 ミニマリズム&フルクサス MINIMALISM & FLUXUS
Terry Riley テリー・ライリー
Tony Conrad トニー・コンラッド
Steve Reich スティーヴ・ライヒ
Yoko Ono ヨーコ・オノ
Phil Niblock フィル・ニブロック

4章 現代の巨匠マスターたち MODERN MASTERS
Brian Eno ブライアン・イーノ
Arto Lindsay アート・リンゼイ
Kraftwerk クラフトワーク
Caetano Veloso カエターノ・ヴェローゾ

略歴

【著者】ハンス・ウルリッヒ・オブリスト
ハンス・ウルリッヒ・オブリストはロンドンのサーペンタイン・ギャラリー共同ディレクター。前職はパリ市立現代美術館のキュレーター。2012年に関わったプロジェクトとしては、サーペンタイン・ギャラリーでの共同キュレーションによるジョナス・メカス、トーマス・シュッテ「FacesandFigures」、オノ・ヨーコ「TotheLight」、ヘルツォーク&ド・ムーロンによるアイ・ウェイウェイのパヴィリオン、アルルのルマ財団での「TotheMoonViatheBeach」、サンパウロのデ・ヴィドロ邸でのリナ・ボ・バルディ、e-fuluxとDAADで共催したベルリンにおける「A Call For Unrealized Projects」がある。オブリストの最近の出版物としては本書のほかに、レム・コールハースと手がけた『プロジェクト・ジャパン メタボリズムは語る……』(平凡社)、『アイ・ウェイウェイは語る』(みすず書房)、『キュレーション 「現代アート」をつくったキュレーターたち』(フィルムアート社)をはじめとするカンバセーション・シリーズがある。

ミュージック 「現代音楽」をつくった作曲家たち

ハンス・ウルリッヒ・オブリスト=著|篠儀直子、内山史子、西原尚=訳

  • 四六判・並製|416頁|ISBN 978-4-8459-1438-8|定価:2,600円+税

btn_buy


動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2016 Film Art, Inc. All Rights Reserved.