Books

「新」映画理論集成1

歴史・人種・ジェンダー

btn_buy


ジャンル、初期映画、フェミニズム、メディア論など、今日もっとも注目される主題のもと、諸論争の発火点となった論文を精選。【在庫僅少】

目次

Genre―ジャンル
解説=岩本憲児
■トマス・エルセサー「響きと怒りの物語――ファミリー・メロドラマへの所見」(1972)
 訳:石田美紀・加藤幹郎 解題:岩本憲児
■ロビン・ウッド「アメリカのホラー映画――序説」(1979)
 訳:藤原敏史 解題:岩本憲児

Early Film―初期映画
解説:武田潔
■ノエル・パーチ「ポーター、あるいは両義性」(1978)
 訳:宮本高晴 解題:武田潔
■トム・ガニング「驚きの美学 初期映画と軽々しく信じ込む(ことのない)観客」(1989)
 訳:濱口幸一 解題:武田潔

Feminism―フェミニズム
解説=斉藤綾子
■ローラ・マルヴイ「視覚的快楽と物語映画」(1975)
 訳・解題:斉藤綾子
■テレサ・ド・ローレテイス「女性映画再考――美学とフェミニスト理論」(1985)
 訳・解題:斉藤綾子

Ethnicity, Culture, Mation―民族・文化・国家
解説:斉藤綾子
■ロバート・スタム+ルイス・スペンス「映画表現における植民地主義と人種差別――序説」(1983)
 訳:奥村賢 解題:岩本憲児
■エラ・ショハット「関係としての民族性――アメリカ映画のマルチカルチュラル的な読解に向けて」(1991)
 訳:とちぎあきら 解題:岩本憲児
■アン・フリードバーグ「映画とポストモダンの状況」(1991)
 訳:荒尾信子 解題:斉藤綾子
■岩本憲児「複製映画論」(1995)
 解題:斉藤綾子

「新」映画理論集成1
歴史・人種・ジェンダー

岩本憲児・武田潔・斉藤綾子編

  • A5判
    333ページ
    4600円+税
    ISBN 978-4-8459-9874-6

btn_buy


動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2017 Film Art, Inc. All Rights Reserved.