Books

アピチャッポン・ウィーラセタクン

光と記憶のアーティスト

btn_buy


2000年以降の「映画」を動かした鬼才。
アジア、いや世界が誇るべき映像の魔術師を、各分野の識者が徹底的に解読!
映画論/アート/人類学を軸に、その全貌に迫る!!



☆パブリシティ情報
───
・「intoxicate」(vol.126)にてご紹介いただきました。
・「キネマ旬報」(2017年3月下旬号)にて書評を掲載いただきました。
 (評者:芹沢高志様/さいたまトリエンナーレ2016ディレクター)
・「美術手帖」(2017年3月号)にてご紹介いただきました。
・「日本経済新聞」(2月12日・読書欄)にてご紹介いただきました。
・「CINRA.NET」にてご紹介いただきました。
 http://www.cinra.net/news/20161224-apichatpong
・「映画プレス」にてご紹介いただきました。
 http://eigapress.net/?eid=327
───


映画ファンや映画研究者のみならず、全世界を注目させ続けているアピチャッポン・ウィーラセタクン。本年(2016年)は、全劇場長編作の特集上映が実施され、3月には新作『光りの墓』公開、さいたまトリエンナーレへの参加、そして12月には東京都写真美術館での個展が開催されるなど、各所から注目を集めている。

本書では、映画論に加え、アートと文化人類学を軸に、英語・タイ語論考の翻訳も交えながら、アジアのみならず世界の映画を代表する作家を多角的に解析。

精霊/幽霊や王室、または固有の民族などのタイ文化に着目する文化人類学の観点や、映画と並行して創作しているヴィデオ・インスタレーションを中心としたアピチャッポン作品のアート的側面を論じつつ、映画作品の特定のシーンを分析することで、彼の作品世界で何を描こうとしているのか、その全貌を明らかにする。

全長編作品を語る本人のインタビューと詳細な作品ガイドも収録!


■ アピチャッポン・ウィーラセタクン
1970年タイ・バンコクに生まれ、タイ東北部イサーン地方、コーンケンで育つ。コーンケン大学で建築を学んだ後、シカゴ美術館付属シカゴ美術学校で映画制作修士を取得。 1993年に短編映画、ショート・ヴィデオの制作を開始し、2000年に初の長編映画を制作。1999年に「Kick the Machine Films」を設立。既存の映画システムに属さず、実験的でインディペンデントな映画制作を行っている。長編映画『ブンミおじさんの森』で2010年カン ヌ国際映画祭最高賞(パルムドール)受賞。映画監督として活躍する一方、1998年以降、現代美術作家として映像インスタレーションを中心に旺盛な活動を行っている。2009年の大規模な映像インスタレーション「プリミティブ」は、ドイツ・ミュンヘンのハウス・デア・クンストにはじまり、数多くの美術館を巡回。2012年にチャイシリと協働でドクメンタ13に出展、2013年に参加したシャルジャ・ビエンナーレではチャイシリとの協働作品が金賞を受賞。同年に福岡アジア文化賞を受賞している。2015年は初のパフォーマンス作品《Fever Room》を韓国・光州のアジアン・アート・シアターで発表し、各都市で公演が続いている。2016年にチェンマイに開館したMIIAM現代美術館で、タイ初となる大規模個展を開催した。チェンマイ在住。
<主なフィルモグラフィ>
真昼の不思議な物体(2000)、ブリスフリー・ユアーズ(2002)、アイアン・プッシーの大冒険(2003)、トロピカル・マラディ(2004)、世紀の光(2006)、ブンミおじさんの森(2010)、メコンホテル(2012)、光りの墓(2015)


☆個展、特集上映、舞台公演が開催されます
──────

「亡霊たち」展 (個展)
2016年12月13日(火)〜2017年1月29日(日)、東京都写真美術館にて
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-2572.html



「アンコール! アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ 2016」(特集上映)
2016年12月17日(土)〜2017年1月13日(金)、シアター・イメージフォーラムにて
http://moviola.jp/api2016/woods2/



Courtesy of Kick the Machine Films
アピチャッポン初の舞台作品「フィーバー・ルーム」
2017年2月11日(土)〜2017年2月15日(水)、神奈川芸術劇場にて
https://www.tpam.or.jp/2017/?program=fever-room


【執筆者】
相澤虎之助(空族)、アピチャッポン・ウィーラセタクン、飴屋法水、綾部真雄、伊藤俊治、岩城京子、カレン・ニューマン、北小路隆志、キュンチョメ、佐々木敦、高野秀行、トニー・レインズ、中村紀彦、福島真人、福冨渉、福間健二、港千尋、四方田犬彦、渡邉大輔、(五十音順、敬称略)

───
アピチャッポン・ウィーラセタクンは私たちの時代のジャン=リュック・ゴダールである。
アピチャッポンの長編映画が発表されるたびに「これは何なんだ?」「一体これはどのような映画だというんだ?」と自問しながらスクリーンを見つめることになる。私たちが「映画(シネマ)」だと考えていたものの概念が揺さぶられる経験をするのだ。
「まえがき」(金子遊)より

目次

■まえがき ──金子遊

■Interview
アピチャッポン、全長編映画を語る

■Art
ヴィジュアル・アート
宙ぶらりんな場所と、透明な糸 ──キュンチョメ

演劇批評
言語化以前の原感覚に支えられた、演劇的な宇宙 ──岩城京子

輪廻
彼の空白 飴屋法水

映画という亡霊を掘り起こす-ヴィデオ・インスタレーション、物語(ナラティブ)、Non-Cinema ──中村紀彦

前世を思い出せる男-アピチャッポン・ウィーラセタクンによるインスタレーション ──カレン・ニューマン (久保豊訳)

転生と精霊の芸術 ──伊藤俊治

夜の森で-遊戯と情動のポリティクス ──港千尋

蔡明亮、バルト、アピチャッポン-身体、同性愛、名付け得ぬもの ──夏目深雪

■Anthropology
ジェンダー
タイのジェンダーと政治社会 ──福冨渉

フィールドワーク
タイ的平衡 ──綾部真雄

探検
世界の未整理性を象徴するタイの「ピー」 ──高野秀行

幽霊
タイの幽霊 ──四方田犬彦

追憶のナブア-「プリミティブ」プロジェクトをめぐる手記 ──アピチャッポン・ウィーラセタクン (水野友美子訳)

病んだ体と政治の体-アピチャッポン・ウィーラセタクンの政治社会学 ──福島真人

ブンミおじさんの森-記憶を歴史に変える映画(抄訳) ──フィルムシック (福冨渉訳)

東北の発見-アヴァンギャルド/フォークロア ──金子遊

■Cinema
音楽
『モーラム』と『プア・チーウィット』とイサーン ──相澤虎之助(空族)

映画製作
アピチャッポンとともに ──福間健二

軍事政権下におけるタイ映画の愚かな現状とその未来 ──アピチャッポン・ウィーラセタクン (木本早耶訳)

「世紀の光」へ向かう奮闘 ──チャヤーニン・ティアンピッタヤーコーン (福冨渉訳)

『世紀の光-タイランドエディション』——この国で映画が映画でなくなる時
──チャヤーニン・ティアンピッタヤーコーン (福冨渉訳)

ディジタル文化とアジア的世界観-「準‐客体」と(しての)アピチャッポン・ウィーラセタクン ──渡邉大輔

タイトル未定  ──北小路隆志

Beautiful Dreamer ──佐々木敦

虚無との接触-アピチャッポン・ウィーラセタクンの映画 ──トニー・レインズ (後藤護訳)

形式化と造化作用 ──四方田犬彦

■あとがき-七番目の芸術による、六番目の大陸行き ──夏目深雪

■編者・執筆者・訳者紹介

■Filmography & Reviews
真昼の不思議な物体/ブリスフリー・ユアーズ/アイアンプッシーの大冒険/トロピカル・マラディ/世紀の光/ブンミおじさんの森/メコンホテル/光りの墓/短編映画作品

■Reviws of Artworks
「プリミティブ」プロジェクト/PHOTOPHOBIA/さいたまトリエンナーレ

アート作品リスト
バイオグラフィー
ビブリオグラフィ

略歴

【編著】

夏目深雪(なつめ・みゆき)
批評家、編集者。映画を中心に、演劇やダンスについて執筆。慶應義塾大学非常勤講師(アジア映画)。共編著書に『アジア映画の森 新世紀の映画地図』『アジア映画で<世界>を見る 越境する映画、グローバルな文化』(作品社)、『インド映画完全ガイド マサラムービーから新感覚インド映画へ』(世界文化社)、『国境を超える現代ヨーロッパ映画250 移民・辺境・マイノリティ』(河出書房新社)。08年から東京国際映画祭の選考業務に携わり、アジア映画の未公開作品を多く鑑賞。11年ジェローム・ベルのダンス評でF/T劇評コンペ優秀賞受賞。

金子遊(かねこ・ゆう)
映像作家、批評家。映像、文学、民族誌学を横断領域的に研究している。著書に『辺境のフォークロア』『異境の文学』。編著に『フィルムメーカーズ』『吉本隆明論集』『クリス・マルケル』『国境を超える現代ヨーロッパ250』『アメリカン・アヴァンガルド・ムーヴィ』、訳書にマイケル・タウシグ著『ヴァルター・ベンヤミンの墓標』。劇場公開映画に『ベオグラード1999』『ムネオイズム』『インペリアル』がある。慶應義塾大学非常勤講師、ドキュメンタリーマガジンneoneo編集委員、山形国際ドキュメンタリー映画祭2015コーディネーターを務める。

アピチャッポン・ウィーラセタクン
光と記憶のアーティスト

夏目深雪、金子遊=編著、執筆者:相澤虎之助、アピチャッポン・ウィーラセタクン、飴屋法水、綾部真雄、伊藤俊治、岩城京子、カレン・ニューマン、北小路隆志、キュンチョメ、佐々木敦、高野秀行、トニー・レインズ、中村紀彦、福島真人、福冨渉、福間健二、港千尋、四方田犬彦、渡邉大輔

  • A5判・並製|352頁|定価:3,200円+税|ISBN 978-4-8459-1617-7

btn_buy


動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2017 Film Art, Inc. All Rights Reserved.