Books

エンターテイメント映画の文法

ヒットを約束する脚本からカメラワークまで

btn_buy


脚本からカメラワークまで、世界市場を目指すメイキング・セオリー!映像・映画関係者必携の一冊。

「〈夢と感動〉をつくるレシピ」
プロデューサー、監督、脚本家、配給・興行関係者などなど、
観客の心をつかむプロフェッショナル・スキルを集成!
世界市場を目指すメイキング・セオリーとは!?

目次

1.インダストリー
 1  映画会社と組む覚悟
 2  映画のスタイルを守る(1)ドキュメンタル
 3  映画のスタイルを守る(2)フィクショナル
 4  デヴェロッププメント(1)プレマイズ
 5  デヴェロッププメント(2)プロット
 6  デヴェロッププメント(3)スペック
 7  デヴェロッププメント(4)プレップ
 8  デヴェロッププメント(5)ファイナル
 9  デヴェロッププメント(6)トリートメント
 10 デヴェロッププメント(7)ブレイクダウン
 11 構造分析としての映像文法
2.ストラクチャー
 1  映画の3重4層構造
 2  作品の形式構造(1)フィルムとサウンド
 3  作品の形式構造(2)シーン
 4  物語は何でできているか:概念
 5  概念表現(1)演技
 6  概念表現(2)アウトサイド エクスプレッション
 7  概念表現(3)タッチストーン
 8  テーマ軸とスパイラルアップ構造
 9  物語の中の物語:プロット(1)
 10 物語の中の物語:プロット(2)
 11 エピソードの構造:シーン
 12 分節主義の語謬
 13 S&Fスタッガーとダイナミック=テイク
 14 C&Aスタッガー
 15 アクションカットとマルチガヴァレッジ
 16 アクションと内面性
 17 ショット
 18 レンズとアクション
3.エロキューション
 1  わかりやすさからおもしろさへ
 2  ミュトスとエロキューション
 3  グランドストラクチャー
 4  テーマ
 5  プレマイズ
 6  ミュトス
 7  コンティニュイティ
 8  キーフック
 9  マッガフィン
 10 カスタム&フェスティバル
 11 ヴァイブレイション
 12 サスペンス
4.フレーバー
 1  フレーバー
 2  コミカル=フレーバー(1)
 3  コミカル=フレーバー(2)
 4  トラジック=フレーバー(1)
 5  トラジック=フレーバー(2)
 6  ユーモア&ヒューマニズム=フレーバー(1)
 7  ユーモア&ヒューマニズム=フレーバー(2)
 8  ロマンティック=フレーバー
 9  エロティック=フレーバー(1)
 10 エロティック=フレーバー(2)
 11 アクション=フレーバー
 12 スリラー&ホラー=フレーバー
5.対位法理論
 1  対位法の成立
 2  対位法の秘密
 3  光と音の対位法
 4  トーン対位法
 5  ショット対位法
 6  カット対位法(1)メトリック
 7  カット対位法(2)リズミック
 8  カット対位法(3)スタッガー
 9  会話とアクションの対位法
 10 シーン対位法(1)トーン
 11 シーン対位法(2)ミザンセヌ
 12 アクション対位法
 13 背景対位法
 14 プロット対位法
 15 物語対位法(1)コアエンジン
 16 物語対位法(2)プレマイズ
 17 物語対位法(3)まとめ
6.コンステレイション
 1  人物対位法
 2  コンステレイション
 3  主人公と相棒
 4  彼氏彼女と相手役
 5  フール・ウィズ・ウェット=ブランケット
 6  その他の役
 7  コンプレックス=コンステレイション
 8  3Dポートレイチャー
 9  キャラクター=タッチング
 10 キャラクターの内面性
 11 アークとコーナー
 12 アサーティヴ=ギミック
7.ミザンセヌ
 1  ミザンセヌとコンポジション
 2  コンポジション(1)透視型
 3  コンポジション(2)シェーマ型
 4  コンポジション(3)ピクチャレスク型
 5  求心と遠心(1)2ショット
 6  求心と遠心(2)シングル=ショット
 7  フィールドのグランドデザイン
 8  ミザンセヌ=ルール
 9  フィールド=エスタブリッシング
 10 エスタブリッシュ=カットのヴァリエイション
 11 シチュエイション=エスタブリッシング
 12 会話のシーン(1)会話の種類
 13 会話のシーン(2)そのシネマトグラフィー
 14 アクションシーン(1)アクションポイント
 15 アクションシーン(2)マルチカヴァレッジ
 16 カメラ=アクション(1)固定
 17 カメラ=アクション(2)インサート
 18 カメラ=アクション(3)オペレイション
 19 シネマトグラフィー
8.ドラマツルギー
 1  テーマを立てる
 2  エピソードを考える
 3  クライマックスを決める
 4  デッドセンターを組む
 5  プレマイズを起こす
 6  エントランスを開く
 7  ミュトスの構築
 8  エロキューションへの抜粋と整列
 9  ストーリー=アナリュシス
 10 タッチング
 11 エンディング=ツィストとフォアノーティス=ヒント
 12 構成のための微調整
補講:フォーマット
 ・フィルム=フォーマット
 ・FPSフォーマット
 ・アスペクト=フォーマット
 ・電気的フォーマット
 ・サウンドトラック
 ・カメラとレンズ
 ・照明機材とセッティング
 ・露出と露光計
 ・録音とBGM

エンターテイメント映画の文法
ヒットを約束する脚本からカメラワークまで

純丘曜彰著

  • A5判
    238頁
    2300円(税別)

btn_buy


動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2019 Film Art, Inc. All Rights Reserved.