Books

高嶺格 とおくてよくみえない

btn_buy


全体なんていうものが存在するのか?
それは見えるのか?───高嶺格

現代の美術シーンにおいて特異な輝きを放つ美術家・高嶺格。
なぜ、美術家の道を選んだのか、制作におけるスタンス、現代社会における違和感など、展覧会に先駆けて語る高嶺格のロングインタビュー収録。
作家の方法論や思想を越えて、
アートが果たしうるべき瑞々しい可能性を予感させる、
全てのアートファン必読の書!

■大規模個展『とおくてよくみえない』(2011年1月21日[金]〜3月20日[日])は、間もなく横浜美術館で開催、その後、広島市現代美術館、イギリスのアイコンギャラリーほかを巡回!
http://www.yaf.or.jp/yma/index.php

表現を通じて、価値観の違いを気づかせ変えていこうとする彼の戦いに向き合うのには、
鑑賞といったお行儀のいい態度はそぐわない。人間が誰しも持てる個々の身体をあらわにすることを、私たちにも求めるのだ。
──学芸員エッセイより

CONTENTS

■作家ステイトメント

ーーとおくてよくみえない 
■高嶺格インタビュー
ーー存在の方法
抵抗の先にあったアート
 作品を売るということ
 正義感
 リーダーにならない
 手に負えない不条理
 生きることの上にある表現
作家の性分
 自分自信の手をいれない
 人間存在のほうへ
 ライブ性のある作品
ダムタイプの作用/反作用
 時代のエッジを掴む
 パフォーマンスへ
 S/N 
 IAMASでの試行錯誤
身体とともにあるアート
 ハードコア中のハードコア
 プライベートな体験を作品に
 廃材への興味
 視線のラディカリズム
 パフォーマーの人間性と肉体
 意味を信用しない
 最初の1点
世界を食い破る意思
 見えない全体像
 細部を鑑賞させる
 全世界の神経へ
 大きなフェラチオ
■作品図版 
「Muted Space」「冬の海」「Do What You Want if You Want as You Want」「God Bless america」「在日の恋人」「Korean Studies」「Common Sense」「A Big Blow-job」「鹿児島エスペラント」「もっとダーウィン」「リバーシブルだよ、人生は。」「アロマロア エロゲロエ」「美しい前歯」「Melody♥Cup」「高嶺格、大友良英 Orchestras」「大きな停止」「Twist & Twist」「SC」「発電する人々」「Good House, Nice Body 私を建て、そして通り過ぎていった者たち」
■学芸員エッセイ
挑発するアーティスト 天野太郎(横浜美術館主席学芸員)
柔らかい檻 木村絵理子(横浜美術館学芸員)
《大きな停止》越境へ向う闇 神谷幸江(広島市現代美術館学芸員)
《木村さん》を見て ジョナサン・ワトキンス(アイコン・ギャラリー館長)
■年譜

PROFILE

高嶺格 / Tadasu Takamine
1968年、鹿児島生まれ、現在滋賀在住。
京都市立芸術大学工芸科漆工専攻卒。岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー修了。

主な個展に、2003年「在日の恋人」(NPO丹波マンガン記念館、京都)、2008年「[大きな休息]明日のためのガーデニング1095㎡」(仙台メディアテーク、宮城 図3)、2010年「スーパーキャパシターズ」(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、香川)、「Good House, Nice Body 〜いい家・よい体」(金沢21世紀美術館長期インスタレーションルーム、石川)。また2003年、第50回ヴェネツィア・ビエンナーレへの参加をはじめ、 2004年、釜山ビエンナーレ、2005年、横浜トリエンナーレ(第2回)、2010年、あいちトリエンナーレなど、数々の国際展をはじめ国内外のグループ展に多数出品している。

1993年から1997年にかけて、パフォーマー/コラボレーターとしてダム・タイプで活動したほか、バットシェヴァ・ダンス・カンパニー(イスラエル)とのコラボレーションや、金森穣監督・振付の舞台美術と舞台映像を手がけるなど、ダンスや演劇とのコラボレーションも数多い。近年は、ワークショップ形式の舞台公演を定期的に主宰し、演出家としても活動している。

高嶺格 とおくてよくみえない

横浜美術館+広島市現代美術館=企画・監修|フィルムアート社=編集

  • A5判変形|240頁|2,400円+税|ISBN 978-4-8459-1162-2

btn_buy


動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2017 Film Art, Inc. All Rights Reserved.