Books

コンタクト・インプロヴィゼーション / 交感する身体

btn_buy


コンテンポラリーダンスからジェンダー間の差別のない動き、障害者同士の動きに至るまで、ダンス人間学へ向かう新ダンスの手法。

目次

第一章 コンタクト・インプロヴィゼーションと人類学的分析 
  イントロダクション
  人類学的なアプローチによる身体・運動・ダンス・社会
  民族誌学的なアプローチから歴史を調査し、書くこと
第二章 コンタクト・インヲロヴィゼーションの起源と影響 
  初期モダンダンスの系譜
  身体のリアリティ:マース・カニングハム
  インプロヴィゼーションと身体の演劇性:アンナ・ハルプリン
  科学と身体感覚:エリック・ホーキンス
  六○年代のロック・ダンス
  六○年代の前衛舞踊と演劇
  ステイーヴ・パクストン
第三章 コンタクト・インプロヴィゼーションにおける初期の発展 
  見に来てください、われわれはこんなことをやっているんです
  初期の活動
  公演、観客、そして新しいダンサーたち
  組織化とコンタクト・クォータリー
第四章 「アート・スポーツ」としてのダンス 
  表現形式の維持
  一九七八年の公演
  発展
  「インプロヴィゼーション:アート・スポーツとしてのダンス」会議
  コンタクト・アット・テンス・アンド・セカンド
  コンタクト・インプロヴィゼーションのその後
第五章 コンタクト・インプロヴィゼーションにおける動きと意味 
  ムーヴメントのスタイルの概要
  バレエとコンタクト・インプロヴィゼーション
  カニングハム・テクニックとコンタクト・インプロヴィゼーション
  ムーヴメントをめぐる流れの一環としてのコンタクト・インプロヴイゼーション
第六章 身体を経験する 
  コンタクト・インプロヴイゼーションの学習
  感覚とセクシュアリティ:ふれあいのイメージと体験
  ダンスとしての評価
第七章 文化的シンボルと美的実践 
  物理的必然性
  物理的法則と自然
  交感する身体の実現
  インプロヴィゼーション
第八章コミュニティ、価値、権威 
  自発性と意思決定
  参加とパフォーマンス:「フォーク・アート」としてのコンタクト・インプロヴィゼーション
  カリスマ的権威としてのスティーヴ・パクストン
  全米運動としてのコンタクト・インプロヴィゼーション
  ヒエラルキーと平等主義
  結束と競争:アメリカン・ダンス・ギルド会議
第九章 公演というビジネス
  行動規範としてのダンスの使用
  ビジネスとしてのコンタクト・インプロヴィゼーション
  芸術団体とポストモダニズム
  アメリカ文化としてのコンタクト・インプロヴィゼーション
  解説 文化としてのコンタクト・インプロヴイゼーション

コンタクト・インプロヴィゼーション / 交感する身体

S・J・ノヴァック・立木あき子ほか訳

  • A5判
    2800円(税別)

btn_buy


動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2017 Film Art, Inc. All Rights Reserved.