2018

2.21

Wed.

イベント:

【3/26(月)】俳優が映画/演劇の現場で知っておきたいこと『俳優の演技術』(フイルムアート社)刊行記念



俳優が役作りに必要な技術と考え方、長く活躍していくための心構えを、現役の映画監督が指南する『俳優の演技術』。
演技術に関する本は国内でも多数刊行されていますが、現役の映画監督が、現場経験をもとに指南する本は多くありませんでした。本書は、具体的な作品の脚本を読み解く方法を段階的に示し、「役をどう捉えるか」を実践的にまとめた内容です。

本書の刊行を記念して、著者・冨樫森監督と俳優・小日向文世さんをお迎えしてトークイベントを開催します。小日向さんはこれまで冨樫監督の作品にも出演してこられ、本書でも何度も取り上げられています。

映画や舞台の現場において、お二人がプロとして心掛けていることを中心に、
「映画監督と俳優は、撮影期間にどのようなコミュニケーションをとっているのか」
「今後、俳優志望者に本当に伝えたいことは何なのか」
など、ここでしか聞けない貴重なお話を含め語っていただきます。

俳優を志している方はもちろん、表現法そのものに関心のある方やお二人のファンの方まで。お気軽お申し込みください。お待ちしております。


【会期】
2018年03月26日(月)

【時間】
20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】
本屋B&B  東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

【参加方法】
参加費:1500円 + 1 drink order
お申込み・ご予約はこちらより
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/0127mfzes9v3.html

※ご予約は定員に達し次第終了とさせていただきます。
満席が予想されるため、お早めのご予約をお勧めします。

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら。

●冨樫森(とがし・しん)

1960年 山形県生まれ。立教大学文学部卒。
フリーの助監督を経て、1998年相米慎二総監督のオムニバス映画「ポッキー坂恋物語・かわいいひと」の一編を初監督。2001年『非・バランス』で長編デビュー、思春期の少女を瑞々しく描きヨコハマ映画祭他で新人監督賞。以後の作品に『ごめん』『星に願いを。』『鉄人28号』『天使の卵』『あの空をおぼえてる』等がある。2013年『おしん』は中国金鶏百花映画祭国際映画部門最優秀作品賞及び山路ふみ子賞を受賞。2016年念願の舞台「解体され行くアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話」(オノマリコ作)を初演出した。特に新人や若手の演出に定評がある。また日本映画大学にて学生を指導すると共に、映画24区スクールでは長年に渡って俳優育成に携わっている。

●小日向文世(こひなた・ふみよ)

1954年(昭和29年)1月23日生まれ。北海道出身。
東京写真専門学校を卒業後、'77年にオンシアター自由劇場に入団。'96年の解散まで、中核的存在として数々の舞台で活躍する。解散後は、映像にも活動の場を広げる。
映画「銀のエンゼル」で初の主役、'08年1月の連続ドラマ「あしたの、喜多善男」では、統合失調症で分離した一人の人間の2役という難しい主役を務める。
'11年3月の舞台「国民の映画」では、第19回読売演劇大賞最優秀男優賞を受賞。'12年公開の映画「アウトレイジビヨンド」では、第86回キネマ旬報ベスト・テンで助演男優賞を受賞。

動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2018 Film Art, Inc. All Rights Reserved.