2019

6.14

Fri.

イベント:

【7/5(金)】松永伸司×水野祐×土居伸彰 「遊びとハックについてあらためて考えてみよう〜遊び心は可能性をひらく?」 『プレイ・マターズ 遊び心の哲学』刊行記念



遊び場からおもちゃ、インターフェースデザイン、スポーツ、アート、政治まで。

どんなところにも発生する(してしまう/なぜなら遊びは人間であることに関わることだから)「遊び」について、トランスディシプリナリーに考えていく『プレイ・マターズ 遊び心の哲学』。

ゲームを起点にゲーム以外の物事を考える、ユニークな「21世紀の遊び論」である本書には、まだまだ広がり深まりうるポテンシャルがあるはず──ということで、領域横断的に「遊び」や「遊び心」を考えてみるトークイベントを開催します。

出演は、本書の訳者でゲーム研究・美学が専門の松永伸司さん、「ルールと遊び」についてカルチャーから政治まで広い知見を持つ弁護士の水野祐さん、アニメーションだけでなく近年はゲーム関連にも活動の領域を広げている土居伸彰さんの3人。

遊び・ゲーム・ルールメイキング・インディペンデントな表現について、広く深くゆるゆると語り合います。

それぞれの分野で、今もっとも先端を攻める注目のお三方が一同に会するこの機会、かなりレアといっても過言ではありません。ぜひふるってご参加ください。


【日時】2019年7月5日(金) 20:00~22:00(19:30開場)
【入場料】前売1,500yen + 1 drink/当日店頭2,000yen + 1 drink
【会場】本屋B&B(東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F)

★イベントのご予約はこちらから!

松永伸司(まつなが・しんじ)

専門はゲーム研究と美学。著書に『ビデオゲームの美学』(慶應義塾大学出版会、2018年)、訳書にイェスパー・ユール『ハーフリアル』(ニューゲームズオーダー、2016年)、ネルソン・グッドマン『芸術の言語』(慶應義塾大学出版会、2017年)など。

水野祐(みずの・たすく)

弁護士(シティライツ法律事務所)。Creative Commons Japan理事。Arts and Law理事。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(リーガルデザイン・ラボ)・同大学非常勤講師。東京大学大学院非常勤講師。IT、クリエイティブ、まちづくり分野のスタートアップや大企業の新規事業、経営企画等に対するハンズオンのリーガルサービスや先端・戦略法務に従事。行政や自治体の委員、アドバイザー等も務めている。著作に『法のデザイン──創造性とイノベーションは法によって加速する』、共著に『オープンデザイン参加と共創から生まれる「つくりかたの未来」』など。

土居伸彰(どい・のぶあき)

1981年東京生まれ。アニメーション研究・評論・プロデュース/ニューディアー代表/新千歳空港国際アニメーション映画祭フェスティバル・ディレクター。ロシアの作家ユーリー・ノルシュテインを中心とした非商業・インディペンデント作家の研究を行うかたわら、AnimationsやCALFなど作家との共同での活動や、「GEORAMA」をはじめとする各種上映イベントの企画、『ユリイカ』等への執筆などを通じて、世界のアニメーション作品を広く紹介する活動にも精力的に関わる。2015年にニューディアーを立ち上げ、『父を探して』など海外作品の配給を本格的にスタート。国際アニメーション映画祭での日本アニメーション特集キュレーターや審査員としての経験も多い。著書に『個人的なハーモニー ノルシュテインと現代アニメーション論』、『21世紀のアニメーションがわかる本』など。

動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2019 Film Art, Inc. All Rights Reserved.