2019

5.7

Tue.

イベント:

【5/30(木)】『現代写真アート原論 「コンテンポラリーアートとしての写真」 の進化形へ』(フィルムアート社)刊行記念 「これからの写真」後藤繁雄×港千尋×深川雅文



誰もがスマートフォンで日常的に簡単に撮影でき、それを加工し、インスタグラムをはじめとするSNSで世界中に発信できる──写真がデジタル化し遍在化した時代。
そんな現代において「コンテンポラリーアートとしての写真」の可能性はどこにあるのでしょうか。

そんな問いについて議論し、現代アートとしての写真の新しい「原論」を提示する『現代写真アート原論』の刊行を記念して、編者である後藤繁雄さん、港千尋さん、深川雅文さんによるトークイベントを開催します。
TOKYO ART BOOK FAIRに並ぶたくさんの写真集やアートブックを見る際のヒントにもなる、「現代写真アート」の世界の方向づけについて語られます。
ぜひご参加ください!


◆出演
後藤繁雄(編集者、クリエイティブディレクター、アートプロデューサー)
港千尋(写真家、映像人類学者)
深川雅文(キュレーター、クリティック)
◆時間
19:00~21:00 (18:30開場)
◆場所
本屋B&B(東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F)
◆入場料
前売1,500yen + 1 drink order
当日店頭2,000yen + 1 drink order

イベントのご予約はこちらから!
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01iuiy108nai8.html

後藤繁雄(ごとう・しげお)

編集者・クリエイティブディレクター、アートプロデューサー、京都造形芸術大学教授。1954年大阪府生まれ。坂本龍一、細野晴臣、篠山紀信、荒木経惟、蜷川実花、名和晃平らのアーティストブック、写真集を編集。展覧会のキュレイション、若手アーティストの発掘・育成・サポート、アートスタッフの育成などにも力を入れ、幅広く活躍している。

港千尋(みなと・ちひろ)

写真家、映像人類学者。多摩美術大学教授。1960年神奈川県生まれ。南米滞在後、パリを拠点に写真家として活躍。1995年より多摩美術大学美術学部で教鞭をとり、現在は同大学情報デザイン学科教授。2006年〈市民の色〉で伊奈信男賞受賞。2007年第52回ヴェネチア・ビエンナーレ美術展における日本館の展示企画コミッショナーをつとめる。

深川雅文(ふかがわ・まさふみ)

キュレーター/クリティック。1958年佐賀県生まれ。川崎市市民ミュージアム学芸員として、写真、デザイン、現代美術に関する展覧会の企画に携わる。代表的展覧会「バウハウス 芸術教育の革命と実験」(1994)、「遠近 ベッヒャーの地平」(1997)「生きるアート 折元立身」展(2016)など。現在、フリーのキュレーター/クリティックとして活動。

動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2019 Film Art, Inc. All Rights Reserved.