2019

4.20

Sat.

イベント:

【5/15(水)】「Yahoo!ニュース 特集」制作の舞台裏とは?ー『「わたし」と平成』刊行記念 伊藤儀雄さん・高田昌幸さんトークイベント (ゲスト)北阪昌人さん (モデレーター)伊澤理江さん



日本最大級のニュースサイト「Yahoo!ニュース」は、他社からの配信記事を載せるだけでなく、独自制作の記事を掲出する「Yahoo!ニュース 特集」 を4年前に創設。そのオリジナル記事は、社会問題などを深堀りし、メディア関係者からも高い評価を得ている。その舞台裏はどうなっているのか。
年末年始に好評を得た連載『「わたし」と平成』の書籍化を記念し、「Yahoo!ニュース 特集」の編集長、アドバイザー、企画発案者が特集の全てを語り尽くす。スペシャルゲストとして、この書籍に登場する人気ラジオ脚本家・北阪昌人さんが「伝えることの極意」を語る。



■ 概要
日程:2019年5月15日 (水)
時間:19:00~(開場18:30)
料金:¥1,000
会場:東京堂書店 神田神保町店 6階 東京堂ホール

イベント申込みはこちら
http://www.tokyodo-web.co.jp/blog/?p=18956

伊藤儀雄(いとう・よしお)

1982年生まれ。東京大学経済学部卒業。「Yahoo!ニュース 特集」編集長。中日新聞社で行政・警察・司法などを取材。2009年、ヤフー入社。「Yahoo!ニュース トピックス」の担当などを経て現職。

高田昌幸(たかだ・まさゆき)

1960年生まれ。法政大学卒業後、1986年に北海道新聞社入社。経済部、東京政治経済部などを経て、報道本部次長、ロンドン支局長を務める。2011年に退社。フリージャーナリストを経て、2012年から高知新聞記者。北海道新聞時代の1996年、「北海道庁の公費乱用」報道の取材班メンバーとして新聞協会賞、日本ジャーナリスト会議(JCJ)賞奨励賞を受賞。2004年に「北海道警察の裏金問題」報道の取材班代表として新聞協会賞、菊池寛賞、JCJ大賞などを受賞。著書・共著に『権力vs.調査報道』『希望』(以上、旬報社)、『真実――新聞が警察に跪いた日』(角川文庫)、『@Fukushima――私たちの望むものは』『メディアの罠』(以上、産学社)など。2017年4月より東京都市大学メディア情報学部教授。

北阪昌人(きたさか・まさと)

ラジオドラマ作家。1963年大阪生まれ。学習院大学ドイツ文学科卒。
日本放送作家協会会員・日本脚本家連盟会員。
『FMシアター』『青春アドベンチャー』他、ラジオドラマ脚本、朗読ドラマ台本多数。
書いたラジオドラマ脚本は、1,000作品にも及ぶ。
『水の行方』で、平成9年度創作ラジオドラマ大賞にて大賞受賞。
『プラットホーム』(東北放送)で第44回ギャラクシー賞選奨、第62回文化庁芸術祭優秀賞受賞ほか多数受賞。
ここ30年以上出版されていなかったラジオドラマ脚本の書き方の入門書『ラジオドラマ脚本入門』(映人社)を2015年に出版。脚本を担当したラジオドラマ『NISSAN あ、安部礼司』は、放送14年目を迎え、ラジオドラマの常識を破るさまざまな記録を樹立。
『AKB48の私たちの物語』(NHKFM)、『ラジオシアター~文学の扉~』(TBSラジオ)、『サウンドライブラリー~世界にひとつだけの本~』(JEN)など、ラジオドラマ脚本、ラジオ番組構成などレギュラー多数。
また、次世代のラジオドラマ作家を育成するため東京作家大学でラジオドラマ脚本セミナーを開き、コンクール受賞者を輩出。全国の中学校、高校に出かけ、「ラジオドラマが想像力を鍛える」というテーマで出前授業を敢行。
絵本『えいたとハラマキ』(小学館)、『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)などがある。

伊澤理江(いざわ・りえ)

ジャーナリスト。英国ウェストミンスター大学大学院ジャーナリズム学科修士課程修了。新聞社・外資系PR会社などを経て、2018年に独立。「Yahoo!ニュース 特集」では、「20年前の『想定外』 東海村JCO臨界事故の教訓は生かされたのか」、「水中に眠る船、都市、集落―― 人類の営みをたどる『水中考古学』の世界」、「一人で抱え込まないで――『特定妊婦』支援で守る新しい命」などを取材・執筆。

動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2019 Film Art, Inc. All Rights Reserved.