2018

8.29

Wed.

イベント:

【9月20日(木)】『眼がスクリーンになるとき -ゼロから読むドゥルーズ『シネマ』-』『思弁的実在論と現代について: 千葉雅也対談集』刊行記念福尾匠さん×千葉雅也さん トーク&サイン会開催のお知らせ

【イベント概要】
『眼がスクリーンになるとき』と『思弁的実在論と現代について』の出版を記念して、福尾さんと千葉さんのトークライブを開催いたします。
哲学にとって「見ること」や「読むこと」といった経験がいかに重要であり、またそうした経験がいかにして書かれるもののなかに位置づけられるのか。ドゥルーズだけでなく思弁的実在論などの同時代的な潮流も踏まえながら、おふたりに「見て、読んで、書く」ための能力論という側面から見た現代思想について語っていただきます。


イベント詳細は こちら

【登壇者】
福尾匠さん、千葉雅也さん

【日時】
2018年9月20日(木) 19:00~20:30(開場18:45)
※トーク終了後にお2人のサイン会を行います。

【会場】
ブックファースト新宿店地下2階Fゾーンイベントスペース

【定員】
先着50名様

【参加条件】
参加ご希望の方は8月29日(水)10:00よりブックファースト新宿店・地下1階Aゾーンレジカウンターにてイベント参加整理券(税込1,000円)をお買い求めください。
※電話でのご予約も承ります。下記の番号にお問い合わせください。 
ブックファースト新宿店 電話:03-5339-7611

【登壇者プロフィール】

福尾匠(ふくお・たくみ)
1992年生まれ。横浜国立大学博士後期課程、日本学術振興会特別研究員(DC1)。現代フランス哲学、芸術学、映像論。論文に「映像を歩かせる——佐々木友輔『土瀝青 asphalt』および「揺動メディア論」論」(『アーギュメンツ#2』、2017年)など。翻訳にアンヌ・ソヴァニャルグ「リゾームと線」(小倉拓也との共訳、『ドゥルーズ——没後20年新たなる転回』河出書房新社、2015年)。

千葉雅也(ちば・まさや)
1978年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士過程修了。哲学、表象文化論。立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授。著書に『動きすぎてはいけない-ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学-』(河出書房新社、2013年/河出文庫、2017年)、『別のしかたで-ツイッター哲学-』(河出書房新社、2014年)、『勉強の哲学-来たるべきバカのために-』(文藝春秋、2017年)、『メイキング・オブ・勉強の哲学』(文藝春秋、2018年)。また訳書に『有限性の後で-偶然性の必然性についての試論-』(共訳、人文書院、2016年)など。

動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2018 Film Art, Inc. All Rights Reserved.