2016

1.7

Thu.

インフォメーション:

【1/17(日)-23(土)】デイヴィッド・グラブス ジャパン・ツアー&講演会



 『レコードは風景をだいなしにする』刊行に際し、著者デイヴィッド・グラブスの来日が決定しました。

 デイヴィッド・グラブス、という類まれなる才。田舎街のハードコア少年が、ポップ・ミュージックの深みにはまり、即興と出会い、実験音楽と格闘し、ひとつひとつ大切に、宝物のような音楽を手にしていった結果。そして、その面白さの謎を探るうちに、気付くと遠い場所まで来てしまったよう。彼の奏でるギターの一音が、彼が歌う言葉が、他のそれと少しだけ違うのは、イヤというほどの音楽的経験(それは、聴くことと知ること、その両方だ)が明確な形になっているから。
 そんな彼が、ギターと声というシンプルなスタイルで行なうソロ・ジャパン・ツアー。彼の音楽の深さと軽やかさを知ることになるはず。乞うご期待!

■2016年1月17日(日)
神戸・塩屋 旧グッゲンハイム邸
open 17:00/start 17:30

■2016年1月18日(月)
名古屋 K.D.ハポン
open:19:00/start:19:30

■2016年1月19日(火) ☆ 講演会
京都精華大学(友愛館 Y-005教室)
18時30分より
※ミニライブと書籍販売会もあります。
https://www.facebook.com/events/1541219256197436/

■2016年1月22日(金)
東京・代々木上原 ムジカーザ
open:18:00/start:18:30

■2016年1月23日(土)
東京・吉祥寺 キチム
open:18:30/start:19:00

※詳細・お申込はこちら
map: http://goo.gl/NFbGKN

プロフィール

デイヴィッド・グラブス (David Grubbs)

1967年生まれ。ニューヨーク在住。
ジョージタウン大学を卒業後、2005年にシカゴ大学博士課程を修了。現在ニューヨーク市立大学の准教授としてブルックリン校音楽院、及び大学院でパフォーマンス及び相互メディア芸術、及び文章創作のコースで教えている。専門領域はサウンドアート、実験音楽、ポピュラー音楽、録音、詩ほか。雑誌『The Wire』『Frieze』等で記事・論文を発表。本書が初めての著作となる。
ギタリスト/シンガーソングライターとして、80年代からパンク〜ポスト・ハードコア・バンドの「スクワール・バイト」「バストロ」を経て、ジム・オルークとのバンド「ガスター・デル・ソル」で活動。98年以降はソロを主軸に活動。自身のレーベル「Blue Chopstick」を主宰。

イベント概要

■2016年1月17日(日)
神戸・塩屋 旧グッゲンハイム邸
open 17:00/start 17:30
前売り:3,000円/当日:3,500円(with 1 drink order)
出演:デヴィッド・グラッブス、大野雅彦(from ソルマニア)

■2016年1月18日(月)
名古屋 K.D.ハポン
open:19:00/start:19:30
前売り:2,800円/当日:3,200円(with 1 drink order)
出演:デヴィッド・グラッブス、中尾勘二トリオ(中尾勘二、古池寿浩、宇波拓)

■2016年1月19日(火) ☆ 講演会
京都精華大学(友愛館 Y-005教室)
18時30分より
参加料:無料
※ミニライブと書籍販売会もあります。
https://www.facebook.com/events/1541219256197436/

■2016年1月22日(金)
東京・代々木上原 ムジカーザ
open:18:00/start:18:30
前売り:3,000円/当日:3,500円
出演:デヴィッド・グラッブス、ホンタテドリ(宇波拓、佳村萠、秋山徹次)

■2016年1月23日(土)
東京・吉祥寺 キチム
open:18:30/start:19:00
前売り:3,000円/当日:3,500円
出演:デヴィッド・グラッブス、oono yuuki
トーク・ゲスト:細馬宏通(from かえる目)



※詳細・お申込はこちら
map: http://goo.gl/NFbGKN

※書籍情報
『レコードは風景をだいなしにする』

動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2020 Film Art, Inc. All Rights Reserved.