2015

9.15

Tue.

インフォメーション:

【9/23(水)】『ファッションは更新できるのか?会議』刊行記念トーク 江渡浩一郎×小石祐介×水野大二郎×金森香



2012年より活動していた「ファッションは更新できるのか?会議」がいよいよ書籍として刊行されました。

21.5世紀のクリエイションを試行/思考する総勢57人が、考えて、聞いて、話して、作った、ファッションを自由に議論するための一冊です。

書籍化を記念して、刊行トークを開催します。

「ファッションは更新できるのか?会議」実行委員の、水野大二郎、金森香が、ゲストに江渡浩一郎さん、小石祐介さんを迎え書籍の見どころ、裏話を解説。

さらに、おふたりが考えるファッションの更新、ユーザーが生成するファッションの世界について言及していきます。

本のご購入を迷っている方はもちろん、すでにご購入いただいた方、ファッションを仕事としている方、少しでもファッションに興味のある方、どなたでも大歓迎です。

※「ファッションは更新できるのか?会議」とは
2012年9月から約半年、全7回にわたり、実施されたセミクローズド会議です。消費者のソーシャル化、知的財産権への意識の高まりといった社会状況の変化は、現在のファッション産業に避け難い変容をもたらすと同時に、新しい創造性を獲得する契機をもたらしています。

この会議では、他分野における現状とファッション界の状況を対比し、社会の「設計」や「構造」=アーキテクチャと向きあって試行錯誤を行っている実践者(デザイナー、メゾン関係者)、販売店、批評家、メディア関係者、ウェブデザイナー、研究者、法律家などを招き、ファッションの更新の可能性について議論しました。

■B&Bイベントページ
http://bookandbeer.com/event/2015092301_bt/

■『ファッションは更新できるのか?会議』書籍紹介ページ
http://filmart.co.jp/books/fashion/fashion-koushin/

開催詳細

■日時:2015年9月23日(水)15:00〜17:00 予定(14:30開場)
■場所:本屋B&B (世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F)
■入場料:1500円+1ドリンクオーダー

登壇者プロフィール

江渡浩一郎(えと・こういちろう)

国立研究開発法人産業技術総合研究所主任研究員/ニコニコ学会β実行委員長/メディアアーティスト。東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程修了。博士(情報理工学)。2011年、ニコニコ学会βを創設。2012年にグッドデザイン賞、2013年にアルス・エレクトロニカ賞を受賞するなど高い評価を受ける。産総研では「利用者参画によるサービスの構築・運用」をテーマに研究。著書に『パターン、Wiki、XP』(技術評論社)、『ニコニコ学会βを研究してみた』(河出書房新社)、『進化するアカデミア』(イースト・プレス)。好きな服はマーガレット・ハウエル、神田恵介。日本土着の洋服文化の発展に興味を持っている。

小石祐介(こいし・ゆうすけ)

プランナー/KLEINSTEIN 代表/NOAVENUE 創設者。
フリーランスでデザイン、企画のプロデュース、ブランドの企画アドバイザーを務める。コムデギャルソン在籍時には様々な海外ブランドとのコラボレーション、空間インスターレションの企画(DOVER STREET MARKET NEWYORKなど)を含め、国内外の複数のプロジェクトのリサーチから商品開発を担当。2014年にCUUSOO SYSTEMのCOOを務め、企画プラットフォームのNOAVENUEを創設。事業継承後に現在更新準備中。ファッションを通して新しい人間、そして新しい常識を作ることに一貫して関心がある。趣味は数学書と小説を読むこと。2008年東京大学工学部卒業。

水野大二郎(みずの・だいじろう)

慶應義塾大学情報学部准教授。1979年東京生まれ。2008年Royal Colleage of Art(英国王立芸術大学院) PhD in Fashion Womenswear 修了、博士号(ファッションデザイン)取得。日本に帰国以降、デザインと社会の関係を架橋する多様なデザインプロジェクトの企画・運営に携わる。主な活動に社会的包摂を目指すインクルーシブデザインの普及・実践活動、デジタルファブリケーションの普及・実験の場であるFablab Japan Networkとの協働、蘆田裕史との行動責任編集によるファッション批評誌『vanitas』の運営などがある。共著書に『x-DESIGN』(慶應義塾大学出版会)、『Fabになにが可能か』(フィルムアート社)『インクルーシブデザイン』『リアル・アノニマスデザイン』(ともに学芸出版社)、『fafshion design for living』(Routledge)など。

金森香(かなもり・かお)

株式会社シアタープロダクツ取締役/NPO法人ドリフターズ・インターナショナル理事。1974年東京生まれ。セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインのCritical Fine Art Practice学科を卒業後、出版社リトルモア勤務を経て、2001年ファッションブランド「シアタープロダクツ」を設立し、マネージメントやプレス・プロモーション企画を担う。2009~10年、栃木県那須を舞台にした芸術祭「スペクタクル・イン・ザ・ファーム」を立ち上げ、実行委員長を務める。2010年NPO法人ドリフターズ・インターナショナル設立。「ドリフターズ・サマースクール」などのスクール事業や「ドリフのファッション研究室」などのトークシリーズの企画を行う。2013年、梱包材量の卸問屋「シモジマ」の新業態店舗「WRAPPLE wrapping & D.I.Y.」のクリエイティブディレクションを手掛ける。

■B&Bイベントページ
http://bookandbeer.com/event/2015092301_bt/

■『ファッションは更新できるのか?会議』書籍紹介ページ
http://filmart.co.jp/books/fashion/fashion-koushin/

動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2020 Film Art, Inc. All Rights Reserved.