2017

3.10

Fri.

イベント:

【3/10(金)】中野量太×三谷一夫 「湯を沸かすほどの熱い愛で俳優について語ろう」 『俳優の教科書』刊行記念



数々の映画賞を席巻する『湯を沸かすほどの熱い愛』で、観た人を必ず虜にしている中野監督。

その監督に、書籍『俳優の教科書』で、俳優への指南や映画の撮り方の哲学にせまっている三谷一夫さん。今回、同書の刊行を記念して、本を飛び出て、このお二人のリアルな対談が行われることになりました。

・超一流のキャスト陣にどう演出をしたのか?
・どのようにこの感動作の脚本を書いたのか?
・中野監督の言う「見せる芝居/見える芝居」とは何か?
・俳優に必要な「才能」とは何か?
・どうやってキャスティングしているのか?
・俳優や脚本家など「ものをつくる人」「表現をする人」に必要なこととは?

など、中野監督の映画ファンはもちろん、俳優(志望者)や脚本家、制作関係者にも必聴のトークが繰り広げられること間違いなしです。

イベント詳細

時間:3/10(金)20:00~22:00(19:30 開場)
場所:本屋B&B(世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F)
入場料: 1500yen + 1 drink order

イベント予約先は以下リンク先からお願いします
予約・イベントページ
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01dk1pyr8dbs.html

登壇者プロフィール

中野量太(なかの・りょうた)

映画監督。1973年7月27日生まれ。京都育ち。大学卒業後、日本映画学校(現:日本映画大学)に入学し3年間映画作りの面白さに浸る。卒業制作『バンザイ人生まっ赤っ赤。』(00)が、日本映画学校今村昌平賞、TAMANEWWAVEグランプリなどを受賞。卒業後、映画の助監督やテレビのディレクターを経て、6年ぶりに撮った自主短編映画『ロケットパンチを君に!』(06)が、ひろしま映像展グランプリ、福井映画祭グランプリ、水戸短編映像祭準グランプリなどを含む7つの賞に輝く。2008年、文化庁若手映画作家育成プロジェクト(ndjc)に選出され、35ミリフィルムで制作した短編映画『琥珀色のキラキラ』(08)が高い評価を得る。2012年、自主長編映画『チチを撮りに』(12)を制作、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて日本人初の監督賞を受賞し、ベルリン国際映画祭を皮切りに各国の映画祭に招待され、国内外で14の賞に輝く。2016年、秋、商業長編映画『湯を沸かすほどの熱い愛』が公開。新藤兼人賞金賞、報知映画賞(4冠)、ヨコハマ映画祭(3冠)、日本アカデミー賞・優秀賞(5冠)などを受賞。独自の視点と感性で『家族』を描き続けている。

三谷一夫(みたに・かずお)

1975年兵庫県生まれ。株式会社映画24区代表。映画プロデューサー。関西学院大学を卒業後、10年間東京三菱銀行にてエンタメ系企業の支援に従事。その後『、パッチギ!』『フラガール』を生んだ映画会社シネカノンの経営に参画し企業再生を成立。2009年に「映画人の育成」「意欲的な映画づくり」を掲げて「映画24区」を設立。気鋭の映画監督と新人の俳優や脚本家を積極的に起用した映画や舞台など13本製作。2011年スタジオセディック(山形県)、2013年シネマカレッジ京都(京都府)と東京以外の地域でも映画人育成拠点の設立に参画。映画を活用した地域プロデュース(映画24区ローカル)も全国で展開中。

動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2017 Film Art, Inc. All Rights Reserved.