2016

1.6

Wed.

インフォメーション:

第1回COIサイエンスカフェ 『以心電心』コミュニケーション・カフェ With Creative Flow



世代・文化・言語の壁を超えて「真意」や「共感」を相手へ伝えるには、どんな方法があるでしょうか?『以心電心』は新しいコミュニケーションサービスのかたちを、さまざまなテクノロジーを応用することで提案するプロジェクトです。科学技術に興味のある方、コミュニケーションの未来に関心のある方、ぜひとも第1回となる『以心電心』コミュニケーション・カフェに奮ってご参加ください。

◯こんなテクノロジーを使います。

・思っただけで先読みする「あいまい」検索
人と人の関わりに関する情報(状況、関係、感情など)をユーザのテキストから推定するため、メールなどのユーザの意図と言動に関するテキストを収集し、経験データベースの基盤技術を構築。

・多言語意訳サービス
空気と行間を読み、真意と感情を伝える「行間を読む意訳」を目指す。の文脈、状況を軸に翻訳理論に基づいた仮説を立て、異言語・異文化間文例データベースを作成。

・ハピネスセンサ
最先端バイタルセンサを開発してアンハッピーの度合いを「把握」するためアイトラッキング技術、fMRIによる脳波測定技術、携帯型脳磁計技術、テラヘルツ波によるバイタル情報計測技術を検討。

・ハピネスアクチュエータ
アンハッピーの度合いを「低減」することを目標に、たとえば「間」を合わせる同調型ウェアラブルアクチュエータ技術、フレキシブルな高精細・高フレームレート映像処理ディスプレイ技術の研究を行う。テレカンファレンスに身体性を付加する計測手法を検討。対話の相手の視線や身体の動き、位置に応じて、自然な視線移動と動作を行う対話エージェントの開発。

【日程】
2016年1月21日 18時15分〜20時30分(受付開始は18時00分)

【場所】
東工大蔵前会館3F 手島精一記念会議室(大岡山駅出て正面すぐ)
http://www.somuka.titech.ac.jp/ttf/access/index.html

【登壇者】
・秋葉重幸氏 (株)KDDI研究所・顧問、東工大COI拠点「『以心電心』ハピネス共創社会構築拠点」プロジェクトリーダー(工学博士、通信工学)
・三宅美博教授 東京工業大学大学院総合理工学研究科知能システム専攻(薬学博 士、コミュニケーション科学・認知神経科学)

【ファシリテーター】
・川崎昌平氏 作家・編集者、東京工業大学非常勤講師

【参加費】
無料。軽食・飲み物を用意します。

【募集人数】
20名程度

【お申込方法】
お名前・ご所属(役職)・人数・連絡先メールアドレスを明記の上、下記よりお申し込み下さい。
creative-flow@ryu.titech.ac.jp

【関連URL】
・Creative Flow 東京工業大学 サイエンス&アートLab 
 http://creativeflow.jp/
・「以心電心」ハピネス共創研究推進機構
 http://www.coi.titech.ac.jp/future.html
・フィルムアート社
 http://filmart.co.jp/

動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2020 Film Art, Inc. All Rights Reserved.