2014

4.25

Fri.

インフォメーション:

特別版 日経ビジネス、日経デザイン『Creative Thinking』掲載

日経BP社発行の『Creative Thinking』(2014年4月発行号)に、フィルムアート社が所属するAZグループの「学びのプロジェクト」についてのインタビュー記事が掲載されています。「学びのプロジェクト」を推進する「学び事業開発室のメンバー」には弊社編集長の津田広志が参加しています。

冊子『Creative Thinking』は、『日経ビジネス』(2014年4月21日発行/購読者のうち部長クラス以上の方)と、『日経デザイン』(2014年4月22日発行 /全購読者)に同梱される別冊で、プロフェッショナルな経営者に向け、従来の枠組みにとらわれず柔軟な視点で事業を再構築する「創造的思考」をテーマに企 画、今回が2号目となります。

当グループのインタビュー記事は、特集「未来を作る創造的教育」に掲載。国内外での創造的な人材を育てる教育活動事例を紹介した本特集には、イタリアのファブリカ、シンガポールの各教育機関などの取り組み事例が取り上げられ、「学びのプロジェクト」は日本の事例の1つとして紹介されました。

当グループは、創業時より「エディトリアル・デザイン」を先駆的に構築してきました。今回、「学びのプロジェクト」として実践している「編集デザイン」(Henshu Design)は、「エディトリアル・デザイン」をバージョンアップさせてその汎用性を高め、教育ツールに落とし込んだ方法です。

「編集デザイン」は、限られた業界の専門スキルとしてだけでなく、他者と共有しながらものを考えたり協働的な知をつくるプロセスを支援し、さらに「知をデザイン」(Philodesign)する新しいチャレンジングの表現方法です。本記事では、「学びのプロジェクト」を推進する「学び事業開発室」のメンバー(津田広志、川崎紀弘、古賀一孝、岩楯ユカ)が、「編集デザイン」とはなにか、 グローバル化の多様性世界で異質なものをつなぎ、社会で通用する創造的な人材を育てるこれからの教育について提唱し、実際のプロジェクトとして行っている東京工業大学や青山学院大学との授業での取り組み事例も紹介しています。

『日経ビジネス|NIKKEI DESIGN Creative Thinking』(日経BP社/2014年4月発行号) 特集「未来を作る創造的教育」
※日経ビジネス(2014年4月21日発行)、日経デザイン(2014年4月22日発行)の購読者へ発送 

【関連情報】

AZグループ「学びのプロジェクト」紹介
(当グループのクリエイティブ・スペース「amu」サイトに遷移します)

動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2020 Film Art, Inc. All Rights Reserved.