2014

5.26

Mon.

インフォメーション:

『minimalism』の書評掲載情報

3月新刊『minimalism』が、雑誌やウェブなどの各種媒体で続々紹介されています。ありがとうございます。

□サンデー毎日(毎日新聞社 5/5・12合併号)でガケ書房のうめのたかしさんが紹介してくださいました。(2014/4/28)

「最近、自転車で走っているときや散歩をしているときが、妙に心地いいなと思っていた。なんでだろうと思っていたが、この本を読んでそれがわかった。
外にいるときは、何も持っていないからだ。家にいるときは、たくさんのものに囲まれ、それらに囚われていたんだろう。
積んでいる本を読まなければならない、ちゃんと収納しなければならない、もう不要なものは売りに行かなければならない、などなど。

本書の著者は、「ザ・ミニマリスツ」という名の二人組で、数年前までは、年収十万ドルを稼ぎ、高級車を乗り回し、大きな家に住み、欲しいものは何でも手に入れる生活を送っていた。
しかし、いつもどこか満たされない思いがあり、会社を辞め、「ミニマリズム」という、より少ない所有物で、もっと有意義な生活を送る生き方を選択したのだった。
ものを減らすことで、あるいはインターネットやテレビにかける時間を少なくすることで、本当に自分の人生で大事なものにフォーカスできるんだという彼らの実践記録は
ウェブ上に公開され、1か月に10万人以上の人々に閲覧されている。本書はそのエッセーをまとめたものだ。

陽気な天候が続くこれから、部屋を掃除しようと思う。部屋がキレイになったら、人生はシンプルにとても気持ちのよいものになっているだろう。
そう、自転車や散歩のときのように。ただそれだけに集中できる時間。今を生きるとは、きっとそういうことだ。」
サンデー毎日(毎日新聞社 5/5・12合併号)より転載


□POPEYE 6月号(マガジンハウス)で、松浦弥太郎さん(『暮らしの手帖』編集長)が紹介してくださいました。(「お金との付き合い方を考え直せる」書籍として)(2014/5/10)

□恵文社一乗寺店さまがHP上で紹介してくださいました。(2014/5/13)

□AERA(朝日新聞出版社 5/11・18合併号)でフリーライターの石飛伽能さんが紹介してくださいました。(2014/4/28)

□「自分らしく生きたい」「自分らしく働き、暮らしたい」と考える大人の女性のためのメディアcafeglobe(カフェグローブ)さんで紹介されました。(2014/4/9)

動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2020 Film Art, Inc. All Rights Reserved.