CoProject

img_coproject

[美術館]

東京都現代美術館 アートと音楽 新たな共感覚をもとめて

東京アートミーティング第3回

「音が見える」「色が聴こえる」、こうした「リスニング/ヴィジュアルの2重感覚」を「共感覚」と言う。
20世紀初頭に始まり、1950年代以降の前衛芸術からデジタル化された現在まで、この感覚は、地下水脈のように流れ、アーティストによって作られてき た。東京都現代美術館では、これを集成し、坂本龍一を総合ディレクターに迎え、『アートと音楽 ―新たな共感覚をもとめて』として展示。

■時期:
2012年10月27日(土)〜2013年2月3日(日)
■クライアント:
東京都現代美術館
■関連リンク:
東京都現代美術館
「アートと音楽」展 公式ホームページ
「アートと音楽」書籍の詳細ページ

Feb. 3rd,

2013

since Oct. 27th, 2012

new

コンセプト:

視覚と聴覚を横断することで可能となる表現の広がりを「新たな共感覚」として、表現の本質的な意味を照らす。

ディレクションのポイント:

美術館の公式図録を製作。筆者に岡田温司、池上高志、若尾裕諸氏を迎え、わたしたちの時代における共感覚のあり方を紹介した。見ることと聞くことの有機的なつながりを表現した装丁は佐々木暁氏。

Project: 

2013.06.26

関連記事

  1. アートと音楽
動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2017 Film Art, Inc. All Rights Reserved.