Books

デジタル・フィルムメイキング

新しいプロフェッショナルとは何か

btn_buy


自らハードルを上げて、
映画を"撮らない"理由を作るな

『リービング・ラスベガス』『HOTEL ホテル』『10 ミニッツ・オールダー イデアの森』などで知られる映画監督/ミュージシャン、マイク・フィギスによる、映画制作の入門書が待望の邦訳!プロとアマの垣根を超えて、"いま"の映画づくりを基本から見つめ直すためのアイデアが満載!

多くの人は、プロフェッショナルな映画とは16ミリや35ミリのフィルム映画だといまだに考えている。しかし、予算がないからとか、アマチュアであることをいいわけにして、映画を撮らなかったり、デジタルを敬遠するのはもう止めよう。この際、思い切って"古きよき"フィルム映画の文法を解体して、デジタル時代における新たなプロフェッショナルを考えるために、ぜひ本書を取ってほしい。

優れた入門書とは、本質的なことが平易な言葉でわかりやすく書かれているものだと思う。そこから伝わってくるのは、筆者の自らの体験に根ざした、対象に対する深い理解とパッションだ。それが初心者のみならず、僕のような擦れっ枯らしにさえ、次の作品への勇気とインスピレーションを与え、そして、うまくすれば今直面している問題の解決法を教えてくれる。
(中略)
物事のかたちは、そのエッジに行って初めて見えてくることがある。遭難者が出るリスクをわかったうえで、映画はどうして映画なのか、探りに出かけなければならないだろう。装備はできるだけ軽いほうがよい。フットワークを軽快にし、そして訓練も欠かせない。少し落ち着いて冷静になって新たなシステムとそれを支えるフィルム・コミュニティのあり方を考え直すいい機会なのではないか。既成の自分の役割を疑い、もう一度なぜ自分が撮影者であるのか、なぜ表現者であるのか、新たに自分と自分が属するコミュニティに問いかけなければならない。<ハリウッド>から遠く離れたこの日本という「辺境」はひょっとすると、そうしたことを考えたり試行したりするにはとても良い場所かもしれない。
──本書まえがき(栗田豊通)より

CONTENTS

まえがき 栗田豊通
はじめに
第1章 道具を選び、愛すること
まなざしを鍛える
偶然によるイノベーション
現実をつなぐ道具としてのカメラ
丁寧であること
自分の好みを大事にすること
第2章 スーパー8から16ミリ、そしてスーパー16からHi-8への道のり
スーパー8の手軽なデザイン
スーパー8を使わなくなった理由
初期のビデオカメラ
ソニーHi-8の登場
サイズ、最小化、そして安定性
第3章 カメラの改造は美学である
カメラ操作について
自己流こそ重要
揺れるカメラ:手ブレ、その利用と濫用
第4章 デジタル映画の予算とは
自分はどういうタイプの監督か?
デジタル映画の予算とは?
資金の調達
技術者に支払うギャラ
第5章 ロケーションの準備
「紅海がまっっぷたつに割れて……」
ロケーション・マネージャーを使う
撮影の作法
ロケ地間を移動する
映画とセットの関係
事前のプランニング
ストーリーボードとショットリスト
映画監督の役割
第6章 光の巨匠を乗り越える
カリフォルニアは究極のロケ地

光と影
カメラ本体の機能
環境に適応する
現場での経験:『タイムコード』と『ホテル』
光の巨匠を乗り越える
第7章 カメラを動かす意味を考える
知覚運動
カメラを動かしていいのか?
カメラを動かす必然性
つねに自分を追い込む
クロース・アップ
ワイドアングルでのクロース・アップ
第8章 俳優と仕事をするということ
「緊張してる?」
俳優にビビらされる
シーンがうまくいってないときに起きること
俳優を結びつける
「演技」対「カメラの動き」
第9章 デジタル映画のポストプロダクション
作業環境を整えることの大切さ
さまざまなクルー構成
ログをとる
編集のプロセス
映画編集者は果たして必要か?
機材について
ふたつのルート
フィルムとデジタルプロジェクションの違い
考える時間
iMovie vs. ファイナルカットプロ
音質の大切さ
第10章 効果的に音楽を入れる
心理的バックボーン
既製の音楽
オリジナル音楽
テンプスコア
音楽的要素
音楽について議論するには
楽器編成をカスタマイズする
耳を新鮮に保つ映画の試写
スタジオ映画と関わる
再利用すること
おわりに
監修者あとがき 藤幡正樹
フィルモグラフィ
プロフィール

PROFILE

著者:マイク・フィギス(Mike Figgis)
1948年イギリス生まれ。ニュー・カッスル大学在学中は音楽活動に没頭。<THE GAS BOARD>にも参加する傍ら、1980年に自身の劇団を旗揚げ。映像も組み込んだマルチメディア製作法を考案し、数々の賞を受賞。映画界からも注目を浴び、1987年にメラニー・グリフィス主演による初めての劇映画『ストーミー・マンディ』、1989年にリチャード・ギア主演の『背徳の囁き』を監督し、印象的なハリウッドデビューを飾った。その後、魅力的なキャストを起用した作品を次々と発表していく。こうしてアメリカでの知名度を確実なものにしていった後、インディペンデント作家に戻った彼は、1995年、ニコラス・ケイジとエリザベス・シューを主演に自暴自棄なアルコール患者と娼婦との絶望的で儚い恋を感動的に描いた『リービング・ラスベガス』を監督。この作品はニコラス・ケイジにアカデミー賞主演男優賞をもたらし、その他にも計4つの主要な賞にノミネートされ、世界中の注目を浴びた。フランクフルト・バレエ団とウィリアム・フォーサイスのドキュメンタリーや英国のファッションデザイナー、ヴィヴィアン・ウエストウッドのドキュメンタリーも監督するなど、映画の可能性に挑戦し、常に新しいジャンルを模索し続けている。

デジタル・フィルムメイキング
新しいプロフェッショナルとは何か

マイク・フィギス 著/桂英史+村上華子 訳/藤幡正樹 監修

  • 四六判変型
    288ページ
    2,100円+税
    ISBN 978-4-8459-1046-5

btn_buy


動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2019 Film Art, Inc. All Rights Reserved.