Books

暴力と芸術 / ヒトラー、ダリ、カラヴァッジォの生涯

btn_buy


芸術は狂気か? 崇高か?

芸術は野蛮か、崇高か? ナチ党首になった元貧乏画家ヒトラー、サディスティックな扇動家ダリ、殺人事件を犯したカラヴァッジオ、表現と暴力の親和性に初めてメスをいれた挑発的評伝

目次

(1) わが芸術闘争 —- アドルフ・ヒトラー
父子 ウィーンの三文絵描き ナチ幻想都市 近代美術絶滅作戦
(2) 美は残酷にあり —- サルヴァドール・ダリ
身投げ考 美食のすすめ 人心撹乱 光芒シュルレアリスム ファッションの貴公子 パリ大芝居
(3) 殺しと画聖と —- カラヴァッジオ
無頼漢作家 麗しのバッカス 聖者の殉教 街角での暴力 バッラコルダ殺人事件 南イタリア逃避行
【 著者紹介 】
1948年岐阜県生まれ。東北大学美学西洋美術科卒業。美術批評家。世田谷美術館学芸部長。『アフター・アート』『美術館からの逃走』『花のピカソと呼ばれ』など

暴力と芸術 / ヒトラー、ダリ、カラヴァッジォの生涯

勅使河原 純

  • 四六判
    2000円(税別)

btn_buy


動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2019 Film Art, Inc. All Rights Reserved.