Books

ジョン・フォードを読む / 映画、モニュメント・ヴァレーに眠る

btn_buy


アメリカ映画史に燦然と輝く"男のドラマ"の巨匠フォードの定評ある評伝。フォンダ、ウェインなどへのインタヴューも収録。

目次

対話①
ダブリンでの出会い
“静かなる男”フォード(1850年)

対話②
エルストリーでの出会い
『モガンボ』のセットにて(1952年)

1――仕事主義者
いざ! セルロイド・バビロンへ  [サイレント時代](1914~27)
ハリウッド一の職人監督さ     [トーキー導入から”ロジャース三部作”まで](1928~35)
プログラム・ピクチュアからの脱皮 [芸術的円熟期](1936~52)
懐かしきフロンティアへの回帰   [“騎兵隊三部作”前後](1947~52)
私は仕事主義者ではない      [流行への抵抗](1953~55)

2――職人にして詩人
フォード・スタイルとは?
詩的想像世界の非リアリズム(『男の敵』『果てなき船路』『逃亡者』)
やさしさと強さの結合   (『虎鮫島脱獄』『駅馬車』『若き目のリンカン』)
敗北の中の栄光      (『コレヒドール戦記』)
不滅の希望        (『モホークの太鼓』『怒りの葡萄』『タバコ・ロード』『荒野の決闘』)

3――独立とその代償
挫折 (『逃亡者』)
成功 (“騎兵隊三部作”=『アパッチ砦』『黄色いリボン』『リオ・グランデの砦』)
円熟 (『静かなる男』)
郷愁 (『太陽は光り輝く』)

対話③
ロンドンでの出会い
『ギデオン』のロケにて(1957年)

対話④
バーバンクでの出会い
ワーナー撮影所にて(1963年)

4――最後の10年間
“赤狩り”へのレジスタンス
概観           (『ミスタア・ロバーツ』から引退まで)
アウトサイダーの悲劇   (『捜索者』)
奔放           (『荒鷲の翼』『月の出の脱走』『最後の歓呼』『ギデオン』)
逸脱           (『ドノパン珊瑚礁』『荒野の女たち』)
停滞           (『騎兵隊』『馬上の二人』『西部開拓史』『シャイアン』)
閃光           (『バファロー大隊』『リバティ・バランスを射った男』)

対話⑤
最後の出会い
パーム・デザートにて(1973年)

5――フォードをめぐる批評家たち
“作家理論”派から敬遠されたフォード
[「カイエ・デュ・シネマ」派 (アンドレ・バザン、フランソワ・トリュフォー、ロジェ・レーナルト)]
あまりにも観念的な“フォード再発見”
[アンドリュー・サリス、ジョン・バクスター、J・A・プレース、ピーター・ウォーレン]
信義の詩人、ジョン・フォード

フォードについての証言
俳優たち
 ハリー・ケリー・ジュニア ジョン・キャラダイン アンディ・ディヴァイン
 ヘンリー・フォンダ メアリー・アスター
 ロバート・モンゴメリー ドナル・ドネリー
脚本家兼プロデューサー
 ウィリス・ゴールドベック

ジョン・フォードを読む / 映画、モニュメント・ヴァレーに眠る

L・アンダースン・高橋千尋訳

  • 菊判
    2300円(税別)

btn_buy


動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2018 Film Art, Inc. All Rights Reserved.