Books

デザインの知恵(仮)

情報デザインから社会のかたちづくりまで

btn_buy


多くのデザイナーに影響を与えてきた
情報デザイン分野の第一人者が、
30年にわたる経験と実例から、
そのデザイン哲学、
これからのデザインの可能性を語る



多摩美術大学に情報デザイン学科をつくり、日本の美大に「情報デザイン」という概念を定着させ、これまで数多くのデザイナーを育ててきた須永剛司。

本書では、「デザインとは何か」という根源的な問いかけから出発し、自身の思考の歩みや教育現場での実践を再考察しながら、現代の情報デザインの課題、人間のためのデザインのあり方を論じていく。

目に見えない情報の時空にかたちを与える「情報デザイン」。その試みを続けてきたからこそわかったデザインのおもしろさ、デザインの知恵を使うことで人々が自発的に社会をかたちづくっていけることの気づきなど、第一人者ならではの視点から、かつてない伸びやかで多角的なデザイン論が展開される。人間とデザイン、社会とデザインのあり方を考え、デザインの可能性を問い直すための優しさとヒントに満ちた一冊。

目次(仮)

※内容は変更になる場合がございます

はじめに

第1章 デザインを見つめると?──情報デザインの原点をふりかえる
 ・デザインしているのは「もの(道具)と人のかかわり合い」
 ・「身体の道具」と「言葉の道具」がある、情報デザインに気づいて  
 ・つくり手だけでなく、使い手もデザインしている
 ・形には視点があり、視点の根元に自己がある

第2章 情報デザインの学び方──無重力の場をかたちづくるために
 ・言葉の道具と使い手のかかわり合いをデザインする
 ・「もの」と「こと」
 ・出来事をデザインするPIEモデル
 ・最初に活動を描く

第3章 3つのケーススタディ──情報デザインから社会のかたちづくりへ
 ・農業情報デザイン(北海道・十勝での実践)
 ・市民芸術プラットフォーム(CREST研究)
 ・病院情報システム
 ・人々が表現する場をつくる

第4章 世界で起こった新潮流──人間中心の知行を拓くパイオニアたち
 ・認知科学、学び、HCI、beyond Science、by themselves、Commons Design……

第5章 社会のかたちをつくる──生きたい社会を自分たちでデザインするために
 ・デザイナーが解を提供するのではなく、人々が自発的に始めるデザイン 
 ・福祉をつくることもデザインだった(奈良・あたつく組合)
 ・看護師たちが自分で仕事をデザインする(佐賀大病院看護部)

第6章 創造するデザインの知恵──答えが多様にあるという豊かさを求めて
 ・私たちがもともともっている知恵と力
 ・デザインの実践知、「じゃない感」
 ・表現、創造、シンセシス(芸術)/説明、批判、アナリシス(科学)

第7章 これからのデザインの学びとは──子どもにも大人にもデザインを
 ・デザインと学びの共同体(大人のデザイン学校とこども園)
 ・やって・みて・わかる学校

おわりに

PROFILE

須永剛司(すなが・たけし)
神奈川県横浜市出身。多摩美術大学立体デザイン科を卒業しGKインダストリアルデザイン研究所勤務。デザインの現場を離れて筑波大学大学院で認知科学とデザインの学際領域を学び、1987 年筑波大学術博士。88〜89年イリノイ工科大学で情報設計方法を研究。89年より多摩美術大学。95〜96年スタンフォード大学コンピュータ科学部でヒューマン・コンピュータ・インタラクション(HCI)を研究。98年多摩美術大学に美術学部情報デザイン学科開設。2015年より東京藝術大学デザイン科教授(19年3月に退任予定)。著書に『情報デザイン』(グラフィック社、共著)など。

デザインの知恵(仮)
情報デザインから社会のかたちづくりまで

須永剛司=著

  • A5判・並製|300頁予定|予価:3,000円+税|ISBN 978-4-8459-1827-0

btn_buy


動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2019 Film Art, Inc. All Rights Reserved.