Books

色と意味の本

明日誰かに話したくなる色のはなし

btn_buy


あなたが見ているその色は、
ほんとうは何色ですか?

白、ピンク、赤、オレンジ、黄、緑、青、藍、紫、茶、グレー、黒。 それぞれの色の、意外で不思議なサイドストーリーで読む たのしい色彩学入門。

山田五郎氏(評論家)による巻末特別エッセイを収録!

・空はなぜ青い?
・虹に茶色がないのはなぜ?
・花嫁が(たいてい)白を着る理由は?
・女の子はピンクで、男の子は青なのはなぜ? ・囚人服はなぜオレンジ?
・なぜ卵の黄身は黄色い?
・緑の表紙の雑誌は売れない?
・恐竜は何色だった?
・宇宙の平均的な色は何色?

色、それは私たちが日常の中で出会うミステリーです。
鉛筆、地下鉄、傘、ネクタイ、サクランボ、葉っぱ、煙……。
世界はあまりにも色にあふれていて、普段は色を意識することすらありません。
しかしある瞬間、突然に、色がそこにあることに気づくのです。

(……)

色は無制限にどこにでも存在します。
本書は、子供が赤い消防車を見るように、色を確かに見ることができるように、読者の皆さんを刺激するためにあります。
本書の目的は単純です──皆さんの目を楽しませ、毎日見ている「色」にひそむ意味の世界を、雲が晴れたよう明らかにすることです。

(「イントロダクション」より)

CONTENTS

  • イントロダクション 
  •  
  • 色について:
  • ごく簡単な歴史とガイド 
  •  
  • 白          WHITE                      
  • ピンク  PINK                           
  • 赤          RED                         
  • オレンジ            ORANGE      
  • 茶          BROWN                   
  • 黄          YELLOW                  
  • 緑          GREEN                     
  • 青          BLUE                         
  • 藍&青紫            INDIGO AND VIOLET  
  • グレー  GRAY                          
  • 黒          BLACK                      
  • 虹を越えて        BEYOND THE RAINBOW          
  •  
  • 色についての代表的なQ&A      
  • 謝辞           
  • 参考文献   
  • NOTES
  •  
  • 日本語版特別エッセイ
  • 山田五郎(評論家) 「人生、いろいろ。」

PROFILE

■著者プロフィール
Jude Stewart(ジュード・スチュアート)

 ライター。『Slate』『The Believer』『Fast Company』『GOOD』『I.D.』他、さまざまな雑誌でデザイン&カルチャーについて寄稿するほか、色彩についてのブログを『PRINT』に連載中。本書『ROY G.BIV: An Exceedingly Surprising Book About Color』が初めての著書となる。シカゴ在住。www.judestewart.com.

 
■訳者プロフィール
細谷由依子(ほそやゆいこ)
出版・映像翻訳者。ファッション誌『zyappu』(光琳社出版)編集部勤務中より数多くのインタビュー通訳、翻訳を手掛け、2000年以降はフリーランスとして出版翻訳、映像制作・翻訳に携わる。主な翻訳歴に『ポップカルチャーA to Z』(グラフィック社)、『アンディ・ウォーホル 50年代イラストブック』(ゴリーガブックス)、ドキュメンタリー映画『Landscapes with a Corpse』など。

色と意味の本
明日誰かに話したくなる色のはなし

ジュード・スチュアート=著|細谷由依子=訳

  • A5判|208頁|定価 2,300円+税|ISBN 978-4-8459-1427-2

btn_buy


動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2016 Film Art, Inc. All Rights Reserved.