Books

模様と意味の本

明日誰かに話したくなる模様のはなし

btn_buy


世界は模様であふれてる!

誰もが知っている模様にまつわる、
あまり知られていない物語。



様々なメディアで取り上げられています!
ーーーーーーーーー
★箱庭〈週末読みたい本〉にて紹介頂きました!
 http://www.haconiwa-mag.com/magazine/2016/10/moyou/
★coliss〈自分に、大切な人に言葉の贈り物。誰もが知っている模様にまつわる、あまり知られていない物語 -模様と意味の本〉にてご紹介頂きました!
 http://coliss.com/articles/book-review/isbn10-4845915936.html
★繊研新聞10/28号にてご紹介頂きました!
ーーーーーーーーー
本書は、誰もが知っている「丸&水玉」「四角&格子」「線&縞」から、「花柄」「ペイズリー」「カモフラージュ(迷彩)」「イスラム文様」、さらにはフラクタルや超越数論など科学と数学の分野に見られるパターンまで、様々な模様について書かれています。

イラストをまじえながら、模様にまつわる歴史や逸話、雑学、文学、芸術、文化史的深イイ話までが項目立てて数珠つなぎに展開され、「思わず明日から人に話したくなる」話が満載です。

職業デザイナーが知見を広めるためや、身の回りの模様について知るための雑学辞典としてなど、幅広い用途として、“明日から”使うことができます。

『色と意味の本—明日誰かに話したくなる色のはなし』の著者が贈る、見て可愛い、読んでためになる一冊です。


☞人間の脳は「パターン」が好き?
☞床屋のサインポールがストライプなのはなぜ?
☞18世紀イギリスでタータンチェックの服が禁止されたのはなぜ?
☞囚人服に黒い縞模様が使われたのはなぜ?
☞もっとも長い間流行した模様はペイズリー柄
☞迷彩柄には、トラ、シマウマ、カエルがある
☞点描画で人物の顔を特定するには150個以上のドットが必要
☞数学者は、画家や詩人と同様に、様式(パターン)を作る
☞水玉模様は病気と不道徳のしるしだった
☞ストライプは、追放者、滅亡、機敏さ、セクシーさと結びついている
☞『バットマン』の悪役はポルカドットが好き?
☞数学的には、壁紙の模様は理論上17種類しかない?

……などなど、たのしい豆知識、トリビアが満載!

CONTENTS

イントロダクション
模様について:ごく簡単な歴史とガイド
点と水玉
線と縞
四角と格子
曲線と花柄
枠組を超えたパターン:詩、図形、幾何学

PROFILE

[著]Jude Stewart(ジュード・スチュアート)
ライター。『Slate』『The Believer』『Fast Company』など、さまざまな雑誌でデザイン&カルチャーについて執筆。『PRINT』の寄稿編集者であり、グラフィックデザイン団体「AIGA」のウェブサイトでデザインに関するブログを寄稿している。最初の著書『ROY G.BIV』[邦訳『色と意味の本』]も、本書『PATTERNALIA』と同様にBloomsburyより刊行。www.judestewart.com.

[訳]細谷由依子(ほそやゆいこ)
出版・映像翻訳者。ファッション誌『zyappu』(光琳社出版)編集部勤務中より数多くのインタビュー通訳、翻訳を手掛け、2000年以降はフリーランスとして出版翻訳、映像制作・翻訳に携わる。主な翻訳歴に『ポップカルチャーA to Z』(グラフィック社)、『アンディ・ウォーホル 50年代イラストブック』(ゴリーガブックス)、『色と意味の本』『本を読むときに何が起きているのか』(フィルムアート社)などの書籍や、ドキュメンタリー映画『躍る旅人 能楽師・津村禮次郎の肖像』、『Landscapes with a Corpse』、アニメーションや映像芸術作品の字幕翻訳など多数。

模様と意味の本
明日誰かに話したくなる模様のはなし

ジュード・スチュアート=著、細谷由依子=訳

  • A5版変型/ソフトカバー|264頁(予定)|定価 2,300円+税|ISBN 978-4-8459-1593-4

btn_buy


動く出版社 フィルムアート社
logo_footer
株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル │
tel: 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp
Copyright©2017 Film Art, Inc. All Rights Reserved.